2014_06
11
(Wed)18:33

道程4

《道程4》


「あ、あのっ!青慎と父さんはどうなるんですかっ?!」

馬車が速度を上げ始めた時弾かれた様に立ち上がった夕鈴は御者台の覗き窓を開けた。

「急に立ち上がるなっ!」
「きゃあっ!」

ガクンと揺れが来て、仰け反る様に倒れ込んで来た夕鈴を受け止めた浩大ごと座席に投げ出され。
壁から鈍い音がした。

「あたたっ・・・お妃ちゃん、案外重いね。」
「ごめん浩大っ!大丈夫?!」

浩大にのしかかる形で守られた夕鈴が、己の姿を悟るより先に。
パタリと小窓が開き。

「弟君と父君については、信頼できる者に預けました。・・・ところで。」
「はい?」
「お二人の今のお姿は記憶から・・・」
「消去して下さいお願いします。」

凍り付いた浩大は。
思ったより着痩せするタイプの元妃を、ようやく押しのけた。





「・・・ところで、どこに向かってんの?」

暫く後、どうやってか馬車の屋根に上がった浩大は、すとんと御者台に降り。
不機嫌さを丸出しにして周を睨み付けた。

「・・・」
「答える気なんてないんだろうけどさ。ずっと王都をぐるぐる回ってるだけみたい見えるし。」

変わらぬ空気とぐるぐる位置を変える月。
見慣れた景色。
王宮の甍。

「王都を出る気なんてないだろ、あんた。」

ふぅ、と息を吐いた浩大は袖に手を入れる。

「・・・陛下に使い、出すぞ?」
「お好きに。」
「そうさせてもらう。」

手に馴染んだ鳥が放つ軽やかな羽音を聴きながら。

「・・・で、あんたは誰の味方なの?」
「白陽国です。」
「ふうん。」

ぴくりとも動かぬ周の頬をまじまじと見つめて。
護衛兼監視役の隠密は、にぱっと笑った。



その頃。
汀家には。

「・・・おやおや、先を越されてしまいましたか。」
「互いにな。」

官服姿のままの、氾水月と柳方淵の姿と。

「_____水月、方淵。彼女をどこにやった?」

冴え冴えとした月光を背に受ける、狼陛下の姿があった。

「返答次第では命はないと思え。」

一気に青褪めた水月と、冷汗を浮かべる方淵。
彼らはゆっくりと跪き、どちらからともなく口を開く。

「「王都章安区在住汀夕鈴を我が妻に貰い受けるべく伺いましてございます。」」

余すことなく月に照らされた庭に。
痛いほどの沈黙。

それを破ったのは方淵だった。

「汀夕鈴は、もはや妃ではなく。王宮とは何のつながりも関わりもないと伺っております。」
「誰がその様なことを申した。」
「・・・側近の李順殿です。」

水月が引き取る。

「父がお妃様・・・いえ、汀夕鈴殿を探し始め。」
「我が父もにございます。」

ふと目を合わせた補佐官達は、どちらからともなく笑みを浮かべる。

「父達が、汀夕鈴殿をどのように使うか・・・大体の想像がつきました。」
「妹が嘆くのは、見たくございません。」
「我が兄は、嬉々として、かの人を・・・」

しゅっと夜気が切り裂かれ、月光が眼前に届き。

死んだ。

水月はそう思い。

方淵は目を瞑り死を覚悟した。

だが、まだ思考は動き、息は続いている。

「・・・あ・・・」

驚き顔を上げた彼らの鼻先に、狼の微笑。

「_____私は。」

ちゃき、と柄が鳴り。
反射した月光が水月と方淵の頬を照らす。

「彼女の行方を。我が妃の行方を申せと言っている。」

その耳は飾りか?

黎翔はこれまでにない怒りを持って。
優秀な補佐官達に笑みを投げた。
道程5   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/11 (Wed) 18:53 | # | | 編集 | 返信

┃q=ω=∪ こんばんは。

…宰相が夕鈴を護るために連れ去ったのは分かったけど…。
それを知らない陛下の行動が怖いよ~~~~~
。゚(゚´Д`゚)゚。

2014/06/11 (Wed) 19:01 | 桃月 #- | URL | 編集 | 返信

陛下も怖いです(>_<)

こんばんは(^-^)夕花です。
いつもコメント、ありがとうございますm(_ _)m
嬉しいです(^_^)
夕鈴の行方不明になってしまってから、陛下の冷徹さが増してますね(^-^;)
しかも二人が夕鈴を妻に迎えたいなんて、なんて命知らずなんでしょう(>_<)
夕鈴の行方を早く知りたいだけですね、陛下は(;^_^A
雨の日は肩こりが辛いですね(>_<)
体調には気をつけて下さいね(^-^)
ではまた(´▽`)ノ

2014/06/11 (Wed) 22:05 | 夕花 #- | URL | 編集 | 返信

くみ様へ

コメント嬉しいです。
ありがとうございます。
乱文で・・・。
UP後に読み返して直すこともしばしばです。(笑)

2014/06/12 (Thu) 15:23 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

Re

桃月さまへ
コメントありがとうございます。
陛下怖いですか?
ふふ。
自重してるんです、これでも。

2014/06/12 (Thu) 15:24 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

Re

夕花さまへ
コメントありがとうございます。
陛下・・・どこへ行くのかしら。(考えろ)
雨が続きますね。
外出が億劫で肩の病院に行くのが嫌です。
整形外科混んでるんですよ・・・。
早く梅雨終わってほしいです。

2014/06/12 (Thu) 15:25 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック