2013_10
16
(Wed)00:02

「いつか」続 前編

いつか」の続編です。

どこまで続くのか、まだ分かりません!←

それほど長くはないと、思うのですが。

何せ、書くのが私ですので。

無計画にも、程が。笑


お付き合い頂ければ幸いです!




【「いつか」の続編です】
【少し、ちょっぴり、大人の香が漂います。ご注意ください。】




《「いつか」続 前編》





何も変っていないし、終わっても、いない。

つまりは。

何も。

始まってなど、いないのだ。


自由気儘で、即断即決。

奔放で、豪胆。

天衣無縫な、我が主は。



___________勝手に、「正妃」を決めた。



側近たるもの。


「・・・やらせて頂きますよ。」


後始末、を。


こうなることは、なんとなく予見していましたから、ね。


後回しにしていた、問題に。


「手をつける時が来た、ということでしょうね。」




李順は、天を仰いだ。











いつか、こんな日が来ると思っていた。

未来など、誰にも読めぬ。

そんな事は、分かりきっている。

だから。

打てる手は、すべて打つ。

それが、鉄則。



黎翔が、夕鈴を生かし。

夕鈴が、黎翔を受け入れた、その夜。


李順は、王宮を抜け出した。




後ろ盾もなく、何も持たず。

その心ひとつで陛下に嫁ぐ、「正妃」。

手塩にかけた、好ましい部下に。

上司として、餞別の一つもくれてやらねば。



李順は単騎、ひたすらに___________西、を。

朱国を、目指す。


目的の物を、得るために。





夕鈴殿は、何も持たぬ。

地位も、財も。


夕鈴殿は、全てを持つ。

尽きること無き陛下への愛も、無私の献身も。




過去。

血筋を偽る事などは、至極当たり前で。

容姿端麗な美女を養女にして後宮入りさせる事など、通例と言えるほど当たり前のことだった。


だが、『正妃』は違う。


生まれも、血筋も。

教養も、容姿も。

天賦の才とも言うべきそれを備えた者こそが、『正妃』足りうる。

だからこその、『正妃』。


王に万一の事あらば、正妃が政を司る。

それ故に、『正妃』は尊ばれ。

それ故に、『正妃』は後宮の主足りうる。



その、『才』を持たぬものを、『正妃』に。

彼女以外は、要らぬと。

彼女以外を、抱かぬと。

彼女との子以外は、要らぬと。

我が主は、言う。



____________「無理」。



理なき、もの。

筋の通らぬ。

我儘な。

我が主に相応しき、それを。



「___________叶えてこその、私でしょう?」


李順は嬉しげに馬を駆った。








「へい、か?おしご、と・・・は?」

「あと、三日はお休みだから・・・安心、して?」


柔らかな臥所に身を横たえ。

黎翔は夕鈴のまろやかな曲線をなぞり。

悦びと共に、未来への種を、植え付ける。



____________君が、太子を産みさえ、すれば。



それを、守り抜けさえ、すれば。


それで。

それだけで、君は『正妃』足りうる。

なぜなら、僕は。

君以外を抱かぬのだから。



刺客、以外の「客」。

それらは、女官であったり、不意の来客であったり。

様々な形で、私の元に現れる。


既成事実。

繫がったか、否か。

いや、それすらも重要ではない。

王の臥所に侍ったか、否か。

それこそが、奴らの目的。



「・・・侍る、か・・・」


朝を待たずに骸と化した、それらを思い。

それらを遣わした者の顔を。

頭を振って、払い。

黎翔は、目の前の幸福に、身を委ねた。




後編へ

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/16 (Wed) 00:31 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/10/16 (Wed) 03:19 | # | | 編集 | 返信

おりざ様

ええ。少々やりすぎですが。
このSS、暗いんですよ。全体的に。
勢い、「続」もどす黒くなりました。
さて、次はもう少し明るいのを書かねば。
私の気分が上がりません。

2013/10/16 (Wed) 13:19 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

翠玉さまへ

うちの李順さん、お気に召しましたか?
ありがとうございます!!
もう、好き勝手書いてますので。
喜んで頂けると、嬉しいんです。
ありがとうございます!

2013/10/16 (Wed) 13:20 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

後編へ飛びません。

2015/09/05 (Sat) 13:53 | 行 #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック