--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2000_09
21
(Thu)08:00

うそつき

こちらのSSは、かなり大人の味が致します。
私にしては、かなりアレです。←アレってなんだ


原作のイメージを損ないたくない方。
お気をつけ下さい!!

それから、もちろんR18です。
学生さんを含む18歳未満の方は、ご年齢が達してからお越し下さいませ♪



恐れ入りますが、読了後のご意見やご苦情はお受けできません。


宜しいでしょうか?










・・・・・宜しいですね??
















【設定・未来夫婦】



《うそつき》





昨夜の陛下は、お疲れだった。

明日はお休みだから、きっと仕事を詰め込まれたのだろう。


「陛下のお好きなものを作って差し上げてください。」


昼過ぎに現れて、そう頼んできた李順さんの顔色も、ものすごく悪くて。


「李順さん、大丈夫ですか?顔色が・・・」

「ありがとうございます。今夜は邸に帰れますので。大丈夫です。」


力なく笑った李順さんの様子から、どれほど忙しかったのかが察せられた。




夕餉を済ませ、湯浴みを済ませ。

陛下は長椅子に座って冷酒を少しだけ召し上がり、眠そうにあくびをする。


「お疲れ様でした。」

「うん、ありがと・・・・ああ・・・つかれた・・・」

「もう、寝台に入りましょう?」

「・・・うん。夕鈴もいっしょに」


私の胸元に伸びてきた、陛下の手。

でも、今夜は。


「今夜は、ゆっくり休みましょう?ね?」


こんなにお疲れなのに、ご無理はさせられない。

私は、にっこりと微笑んで陛下を拒んだ。


正直に言うと、抱いて欲しかった。

でも、我慢。

陛下の目の下の隈が、とっても痛々しかったから。

・・・我慢。



残念そうな陛下だったが、寝台に入るとすぐに寝息が聞こえた。


ほら、やっぱり。


規則正しい、寝息。

温かい身体。

大きな手。


おやすみなさい、私の貴方。



私はゆっくりと目を閉じた。





違和感に、目覚める。

「・・・・?」

まだ、暗い。

なぜ目が覚めたんだろう。

背に陛下の体温を感じ、夕鈴はその心地よさにため息をついた。

「・・・・起きた?」

予想以上に近い位置に陛下がいて、夕鈴は一気に覚醒した。

「へっ?!」

「もうすぐ夜明けだけど・・・・いいよね。」

「はい?なにが?」


くすくす笑いながら、黎翔の手が帯を解き、夜着を脱がせる。

脚の間に身体を入れて、固まる夕鈴を楽しげに撫で回し。


「すぐ終わらせるから。」

「はい?!」


真っ白な太腿に舌を這わせ、乳房を撫で上げ、頂を転がし。

徐々にあがる、夕鈴の嬌声に耳を澄ませる。


「寝起きだから・・・喉渇いたでしょ?」


小さく開いた夕鈴の唇に、舌を捻じ込み。

愛らしく逃げ回る夕鈴の舌を、根元からからめ取る。

飲み込めぬ、互いの唾液が溢れ出し、零れ出て顎を伝う。


___________これが、好き。


___________この甘さに、酔う。



互いに息を荒げ、貪るように飲み込む。


「んあっ!」


急に花に指を入れられた夕鈴から上がる悲鳴が、黎翔を喜ばせ。

夕鈴の内腿に、びくんっ、ともどかしげに跳ねる夫自身が触れる。


___________この熱が、欲しい。


___________この鳴き声を、聴きたい



「ごめん、もう挿れたい。」


切羽詰った黎翔の声に、夕鈴は頷き。

熱い塊に手を添えて、導く。


「・・・奥まで挿れて、いい?」

「い、いちいち、聞かないでっ!」


頬を染める夕鈴を嬉しげに見下ろし。

黎翔はゆっくりと、花の内部を逆撫でする。


「・・・・・んっ・・・・・んっ・・・・」


自分の声が、抑えきれない。

ゆっくりとした黎翔の動きに、腰が揺れる。

ふと、夕鈴は疑問を口にした。


「ど、して・・・私、いつも声、でちゃうのに・・・・陛下は、へいき、なの?」


急な問いかけに、目を丸くした黎翔は、少し困ったような顔で囁いた。


「呻きたいくらい、気持ちいいけど・・・・自分が声を出すと、聞こえなくなっちゃうでしょ?」

「え?」


言うや否や、夕鈴を抱き起こし。

より深く、深く、奥を目指す。


「い、やぁっ!あ、あああっ!ん、っあ!あ!そ、そこ、が・・・・っ!!」

「・・・・ここ?」


ぐりっ、と一番感じる箇所を抉られて、夕鈴の脳裏に火花が散る。

もっと、と身体が勝手に動き、自分でも分かるほどに濡れてゆく。


「ひっ、やぁっ!」

「痛くしないから・・・・」


ぬちゃ、と指が蜜を掬い、後ろの窄まりを犯す。


「あ・・・あ・・・・あ・・・・」

「一本だけに、するから・・・」


中指が、根元まで沈みこみ。

ゆっくりと、抜き差しされて。

ぐちゅぐちゅと、自分が夫を飲み込んでいるのがわかる。

自分の中が、前も後ろも夫で満たされるのがわかる。


「れ、しょ・・・さまぁ・・・・っ!」

「ゆうりん・・・・もっと、声、聴かせて・・・・」


掴まってて、と呟き、黎翔は夕鈴の背から手を離し、腹をなぞる。

後ろを犯す指は止めず、危機を察した夕鈴から拒絶の悲鳴が上がる。


「ダメ。・・・それとも、自分で触る?」

「やっ!それは、いやっ!」


花を抉る腰の動きが強まり、後ろの中を指先が抉り。

一瞬、夕鈴の意識が飛んだ隙に、黎翔の指が花芽を捕らえた。


「きゃぁぁぁぁっーーーー!!!」


びくんっ、と驚くほどの勢いで腰が跳ね。

いっぱいに開いた夕鈴の瞳から、涙が零れ落ち。

ぎゅっ、と締まった花からは、蜜が溢れ出し。

後ろの窄まりが、弛緩する。


にやりと笑った黎翔は、後ろを責める指を増やし。


「いっ!」


痛みを訴える夕鈴の花芽をさらに嬲る。

無理やりにこじ開けられる痛みと、強制的な、快感。



_________熱い。


お腹の中が溶けそう。


わけがわからない。


怖い。



「れいしょ、さまっ!こ、怖いっ!こわっ・・・・あっ・・・・あ・・・・あっ!!!!」


「う・・・あっ・・・・・ゆ、り・・・・んっ!・・・・もう、あきらめ_______っ!!」


黎翔の腰が、狂ったように夕鈴を突き上げ。


「__________っぁ!!!!!!!」


夕鈴が声にならない悲鳴を上げ。


「で・・・・るっ!」

「や、あああああ!!」


大きく突き上げた黎翔の動きが、ゆっくりとしたものに変り。

夕鈴は細かく痙攣しながら、その肩に顔を埋めた。


「う・・・あ・・・・ひ、ど・・・い・・・・」


息も絶え絶えな、妻に。

夫の容赦のない声が降り注いだ。


「____________まだ、入ってる・・・」


繫がったままの、黎翔の自身がもう一度固さを取り戻し。

溢れかえるぬるりとした蜜が、黎翔の放った白濁と混ざり合い、後ろへと伝う。


「ほら・・・・こちらも、そろそろ・・・・」

「いやっ!そっちは、いやだって・・・ああっ!うっ!!」

「往生際の悪い兎だ。」

「あ・・・・っ!す、すぐ終わらせるから、って、い、言ったのに!」


精一杯の抵抗を見せる、夕鈴に。

黎翔は極上の笑みを向けるのだった。

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/21 (Sat) 09:04 | # | | 編集 | 返信

ますたぬ様へ

勤務中にありがとうございますっ!
朝からの春部屋にお付き合い頂き恐縮です。
連休、がんばります・・・。ほんと、体調に気をつけて乗り切らねば・・・。

2013/09/21 (Sat) 10:32 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/21 (Sat) 16:28 | # | | 編集 | 返信

らっきぃ様へ

コメントありがとうございます。
連休初日にして疲労困憊です。笑
拙いSSですが、楽しんで頂けて嬉しいです♪

2013/09/21 (Sat) 17:58 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

完璧主義?

物事を追求し、探求する癖があるのは・・・
お仕事に生かしてくださればいいのに。
身についちゃってるんですかね?
プライベートでも夕鈴の快感を追求せずにはいられない。
そんなところまで真面目にしなくても(笑)
あぁ、そこだけは、絶対に手を抜きたくないんでしたっけ?陛下?(笑)
いろいろとつっこみたくなる・・・ゴホゴホ、そんなお話でした(笑)
ごちそうさまでしたv-353
連休疲れですか(><)
小休憩は仕事の効率を上げる、と周宰相もおっしゃっていることですし、上手に休みをとりつつ、お過ごしください(^^)

2013/09/22 (Sun) 00:02 | Norah #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。