2013_08
24
(Sat)23:26

辟易

ご注意ください!!

少々、本誌のネタバレが入っております。

コミックス派の方、ご注意下さいませ。




【設定・原作沿い】



《辟易》




「_______________まったく、どうして私まで。」


鏡に映るのは、渋面の自分。

手に触れるのは、大嫌いな自分の髪。

纏わりつくように指に絡みつくそれを、宥めすかし。

厄介この上ない後れ毛を、掻き集め。

どうにか結い上げ、くるりと丸めて。


「・・・・まったく、どうして・・・・」


何度目になるか分からぬため息をつき。



李順は、懐かしい衣装に身を包んだ。











「ねえ、夕鈴、あのお店に寄ってみようよ!」

「は、はい・・・」


傍から見れば、ただの若夫婦な、国王と妃。

愛らしい妻を蕩けきった顔で見つめる新婚気分冷め遣らぬ夫、と言った体の、黎翔は。

ここぞとばかりに、夕鈴と手を繋ぎ。


「う、わぁっ・・・見たことない物ばかり・・・・!!!」


素直に目を輝かす臨時妃を、嬉しげに見遣る。


「独特の意匠ですね。印象的で、嫌味が無くて・・・・でも、どことなく、懐かしくて。」


指輪に刻まれた文様をじっと見つめ。

夕鈴は、感心したように呟いた。




______________そんな風に見たことはなかったですね。



自分にとっては、見慣れた文様。

特に珍しくも無く、気を引くことも無い、それ。


だが。



「・・・・・店主。これを。」


はしゃぐ国王夫婦の目を盗み、李順は金と紅玉の簪を指差し。

値切りもせずに、包ませた。



「李順さん、なにか買われたんですか?」


きょとんとした目で問いかける、部下に。


李順は、さらりと切り返す。


「この髪型にするのに、少々手間取りまして・・・・使い勝手の良い髪留めを求めたのですよ。」

「そうでしたか。李順さんの髪、纏めやすそうに見えるんですが・・・大変なんですか?」

「ええ。なかなか手強いですよ?」

「意外ですね。私みたいな猫毛も、大変ですよ?どうまとめても、するする落ちてくるし・・・」

「そうですね。まるで詩文の暗誦のように、ぼろぼろと零れ落ちて・・・」

「・・・・・そうですよね。ふふふ。」

「ええ、まったく。・・・ふふ。」



夕鈴は、李順が手に取った女物の簪の事など、すっかり忘れてしまったのだった。




「・・・・・もう、秋も近いというのに・・・」


往来を行く黎翔と夕鈴の浮き立った後姿を見つめながら。

李順は、項から零れ落ちた髪を、指先で掬い上げた。


「_____________本当に、鬱陶しい。」


掬い上げた髪を、指に絡ませ。。

眉を寄せ、首を傾げて、乱れた項を撫でつけ。

零れ落ちた後れ毛を、長い指で器用に捻って、結元に絡ませ。

首筋に伝う汗を、拭う。


「・・・・あのように、楽しげなお顔をなされては・・・・」


呟いた、李順に。

小さくため息をついた浩大が、相槌を打った。


「___________もう、だめだよね。」

「ええ。」


ふっ、と、苦笑を浮かべ。

一瞬、見詰め合った、側近と隠密は。


はは、と明るく笑い。


「・・・なかなか、似合っていますよ。浩大。」

「・・・・李順さんも、相変わらずお似合いだよ?」


お互いの姿に、懐かしい、「昔」を思い起こしながら。



あの頃とは打って変わった微笑を浮かべる、主を。

ただの青年のような、黎翔を。



_____________優しく、見つめた。
  
«  HOME  »
  処暑

C.O.M.M.E.N.T

あささんも本誌ゲットなさったんですね!!
李順さんは振り回されて大変な回でしたね(^^;)
私もこのお話の中のように、もう、あきらめつつあるような気がします(笑)
ところで、李順さんはどなたに買ったんですか?( ´艸`)

2013/08/25 (Sun) 00:07 | からあげ #- | URL | 編集 | 返信

からあげ様へ

午前中に本誌をゲットしたものの、読んだのは夜、という。
焦らされました。←
色々悶えた今回でしたが、とりあえずは、項を書かねばっ!!と、急いで項をかいてみました。
項。(しつこい)
えっと、李順さんが買ったのは、オリキャラ・芙蓉へのお土産です。

2013/08/25 (Sun) 08:40 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

あさ神様ありがとう!

うなじSS素敵です!!
李順さんが髪を結う様が、とてもリアルで鼻血でる・・・。
後れ毛を首を傾けて直す李順さんを物影から眺めていたい。
女性(夕鈴)の意見を瞬時に取り入れ、ささっとお土産を購入する決断力!
ああ、陛下を優しく見守るお兄ちゃんズ!
萌え萌えでありながら、温かいSSに癒やされました。

2013/08/25 (Sun) 09:44 | 羽梨 #- | URL | 編集 | 返信

Re

本誌を読んですぐに書いたSSが項。笑
いろいろ偏っていてすいません。←
いやー・・・本誌、よかったですよねー・・・。
うふふ。うふふふふ。
もう色々崩壊中です。どうしよう。

2013/08/25 (Sun) 11:47 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック