2013_08
19
(Mon)13:32

気がかり 1

だんなさんの夏休みは終わりましたが、子ども達の夏休みはまだまだ続きます。

今日も元気に遊びに行っていたちび陛下と侍女が、お友達をたくさん連れて来てくれました。

慌ててアイスの買出しに。笑

昨日の宴会で全部食べちゃったんですよ。

子ども達は元気ですね!かわいいです。特にちび陛下が。ええ、この上なく。

そんな訳で、なかなか書き進められませんが、キリが良いところまでかけたので、とりあえずUP致します!




【設定・未来・お子さまなし】
【捏造しまくりです。東の隣国・翠が次から出てまいります。】
【オリキャラでます!翠国国王・玉禮と、その甥・玉環です。(次から出ます)】



《気がかり 1》





正妃になったばかりの夕鈴は、多忙を極め。

息をつく間もない日々を送っていた。

そんな、ある日。


「今度、視察に行かねばならないのだが・・・・」


いつも通り、夕鈴の淹れた茶を口に運びながら、黎翔は気遣わしげに口を開いた。


「え?視察、ですか?」


小首を傾げた夕鈴の頬は、少し青白く。

黎翔は思わず眉をひそめた。


「陛下?」

「少し、痩せたのではないか?」


過保護な夫に、妻は優しく微笑み。


「慣れない事ばかりで、少し疲れただけですよ。食事もしっかり摂っていますし、老師の薬湯も頂いておりますから、大丈夫です!」


殊更に明るく答え、夫を安心させようと、大きな掌に自分の小さな手を重ねる。


「・・・そうか。それなら良いのだが・・・・」


まだ納得が行かない顔の黎翔に苦笑しながら、夕鈴は話を戻した。


「__________その視察には、私もご一緒させて頂けるのですか?」

「ああ、東の離宮まで足を伸ばすつもりなのだが、夕鈴が疲れているなら・・・」

「えっ?!東ですか?!私、東には行った事がなくて!ありがとうございます、楽しみです!」


瞳を輝かせる夕鈴の愛らしさに、黎翔の頬も緩まざるを得ず。

その夜、夕鈴は。

東の離宮近くにある、きれいな湖や、珍しい食べ物。

国境沿いの河から獲れる魚の話などを、飽きることなく黎翔にせがんだ。














「正妃様・・・・本当に、宜しいのですか?せめて三名、いえ、五名ほどは・・・・」


東への出立直前。

老師は必死に正妃に食い下がっていた。


「初めての東の離宮で、何かとご不便もおありでしょう。侍女たちを休ませたいと言うお心遣いは有難いのですが、いくらなんでも侍女が一名のみと言うのは・・・」


老師の背後では、旅装を調えた正妃付きの侍女たちが泣きそうな顔で頭を垂れ。


「せめて、あと二人だけでもお連れ下さいませ!」

「正妃様、お願い申し上げます!」


困り顔の正妃に、訴えた。


「____________夕鈴、ここは老師を立てて、意地を張らずに、ね?」


見かねた黎翔の囁きに、ようやく頷いた夕鈴は。


「・・・私が居ないときくらい、ゆっくり休んで頂こうと思ったのですが・・・」


と、申し訳なさそうに、二人の年若い侍女を指名した。

最初から夕鈴に随行することになっていた侍女は、東の国境付近の生まれで。

同僚の羨望の眼差しを浴び、いたたまれない心地だったのか、安堵したように息を吐いた。


「・・・では、後を任せたぞ、老師。」


そう言い置いて、夕鈴と共に馬車に乗り込んだ黎翔に。

老師は深々と礼を取った。






「・・・・・夕鈴、そんなに身を乗り出すと危ないよ?」


風が髪を嬲るに任せて、子どものようにはしゃぐ夕鈴を、黎翔はにこにこと見守っていた。


「だって!!ほら、綺麗な花畑!!陛下、どこまでも続いてますよ?!」

「そうだね、この花は染料になるから。」

「え?そうなんですか?」

「ああ。一時は内乱の影響で廃れていたが・・・ようやく元の姿を取り戻したようだな。」

「・・・ごめんなさい。視察に来たのに、私ったら・・・」


何も考えず、子どものようにはしゃいでしまった自分を恥じ、夕鈴はしょんぼりと肩を落とし。

膝の上でぎゅっと手を握り、俯いてしまった。


「え?!いいんだよっ?!視察は本当だけど、夕鈴を離宮でゆっくりさせようと思って連れて来たんだからっ!!」


慌てて夕鈴の肩を抱き、「元気出して?」と小犬の表情で縋る黎翔には、敵わず。

思わず笑みを零した夕鈴は。


「ありがとうございます。陛下。__________少しずつかもしれませんが、正妃らしくなれるように頑張りますね!」


ぎゅっと、黎翔に抱きついた。




気がかり 2へ
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

度々すみません。

あさ様、気がかりもリンクエラーです。

私、玉禮さんじゃないですからね!?
ストーカーじゃないですよ(-ω-;)

2015/09/16 (Wed) 21:37 | mina #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック