2013_07
11
(Thu)21:03

白詰草 6

【設定・臨時花嫁】



《白詰草 6》




__________再び目覚めると、そこは見慣れた自分の部屋。


「・・・あ、れ?帰って・・・きた?」


久しぶりの、自分の部屋の匂い。

差し込む月明かりが、もう夜も遅い事を知らせてくれる。


喉の渇きを覚えて、台所に行くと。


「ひぃっ!」


知らない男の人が、卓に突っ伏して眠っていた。


そろそろと近づき、様子を伺う。

仕立ての良い着物。

すっきりとした姿。


・・・・泥棒じゃ、なさそうね。


父さんの知り合いかしら?

でも、それにしては台所で寝ちゃうなんて、おかしいし・・・。


そう。

青慎は?


っていうか。


私、どうして実家に帰ってるの?!


老師の部屋にいたはずなのに・・・あれ?

老師、って、誰だっけ?


・・・・私は、王宮でアルバイトしていて・・・・あれ?


なんのバイトだったかしら?


『________これ、掃除娘!』


・・・・ああ、掃除婦?


『__________夕鈴。』


誰の、声?


ぐるぐると、視界が回る。

吐き気が込み上げる。頭が痛い。


倒れそうになる身体を、どうにか支え。

それでも、夕鈴は考え続けた。


_________私、思い出したいことが、ある。


その確信だけが、夕鈴を支え。

回る視界と頭痛が、どんどん酷くなる。


「___________つぅっ!」


鋭さを増す頭痛に、夕鈴は耐え切れず。

ガタンと、椅子を掴み。

とうとう、しゃがみ込んだ。





ガタン、と椅子が鳴る。


しまった、寝ていた。


傍らには、うずくまる夕鈴。


っ!目が、覚めたか?!


慌てて駆け寄り、背を擦り、抱き上げた。


「大丈夫か?!」


声をかけると、びくっ、と夕鈴の身体が震え。

月明かりに照らされた、蒼白な顔が僕を見上げる。


「・・・・だ、れ?」


怯えた茶色い瞳が、僕を映した。



言い知れぬ怒りが湧く。


___________誰だ。


夕鈴の中から、私を消したヤツは、誰だ。


カタカタと震える華奢な身体を、いつの間にか強く抱き締めている事に気付いた。


我に返り、力を抜き。

出来る限り優しく、声をかける。


「・・・僕は、君の上司の李翔、だよ。忘れちゃった?」


腕の中の震えが止まる。


「・・・・りしょう、さん?」


「うん、そう。李翔・・・・。忘れていても、いいよ。気にしないで?」


「ご、ごめんなさい・・・・李、翔・・・さん。」


たとえ偽名でも。

夕鈴に呼びかけられるだけで、心が温まる。


そう。

夕鈴は、夕鈴。

ただ、『陛下』という存在が、彼女の中から消えただけ。


大丈夫だ。

彼女は『李翔』を。

・・・『僕』を、受け入れた。


そう。

____________僕は、まだ、大丈夫だ。



気を取り直し、もう一度夕鈴を力いっぱい抱き締める。


「ぎゃぁぁぁぁっ!な、何を!!!」


ぼん、と音を立てそうな勢いで、夕鈴の頬が染まる。

見慣れた愛らしい、色に。



___________必ず。


必ず、だ。


もう一度、君の中に・・・・・僕を。私を。


刻み付けてみせる。


覚悟してね?夕鈴。



僕は、にっこりと夕鈴に微笑みかけ。


そっと、その頬に口付けを落とし。


「__________じゃ、また明日ね?」


汀家を後にした。




白詰草⑦へ
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/11 (Thu) 21:15 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/11 (Thu) 21:35 | # | | 編集 | 返信

KYO様へ

初めまして。あさ、と申します。
おかしな我が家へお越し頂き、ありがとうございます。
私も大人買いしました!当時はまだ4巻までしかなくて。速攻本誌も買いました。笑
拙いブログですが、楽しんで頂けて幸いです。
どうぞまたお越し下さいませ♪

2013/07/11 (Thu) 22:30 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

Re

羽梨さまへ
うん。まだ帰っちゃうの。(まだって。)
だって、まだ李順さんを書き足りない。
私の腹黒さを投影した李順さんを、うまくご披露できるか。
黒すぎて嫌われたら、笑ってやってください。ふふ。
ロッキングチェア、置いておきます。私のも置いておいて下さい。

2013/07/11 (Thu) 22:32 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/12 (Fri) 00:09 | # | | 編集 | 返信

織座さまへ

りしょーさんなら、だいじょうぶなんです。
このあと、どうしたらいいとおもいますか??
かんがえてから、かきたいなぁ、って、いつもおもいます。
がくしゅう?なんですか、それ??

2013/07/12 (Fri) 08:24 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/12 (Fri) 11:12 | # | | 編集 | 返信

ちび様へ

さらに一気に最後までUPしてみました。
最近、酷使しすぎか、キーが外れそうです。「K」が、やばいです。「P」も。笑
みんな頑張りました!
真っ黒なお話しで、ごめんなさい。ぺこり。

2013/07/12 (Fri) 15:00 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック