2013_06
14
(Fri)11:06

ひととき

「甘いのを書いてみたい!!」

と、無謀にもチャレンジしてみました。


・・・甘くない・・・・



【設定・未来夫婦・おこさまなし】



《ひととき》



私を起こさぬよう気遣い、そうっと掛け布をまくり。

静かに、静かに、陛下は寄り添ってくれる。

ほこほこと温かいお布団の中でまるくなって眠る私を、陛下は愛しげに見つめ。


_________くす。


静かに笑って、頬をなぞる。








静かに眠る君を起こさぬよう、細心の注意を払う。

そうっと、そうっと。

温かな君の寝床に、こっそりと、忍び込み。

くるりと丸まって眠る兎を、じっと見つめる。


_________くす。


思わず笑みがこぼれ。

僕は、君の柔らかな頬に、今日もそっと触れる。











「_________おかえり、なさい。陛下。」


うっとりと目を開けた私に、陛下は優しく微笑んでくれる。


「起こしちゃって、ごめんね。・・・ただいま。夕鈴。」


頬をなぞる手が、そっと外され、柔らかく頭を撫でられる。


「・・・・おやすみ、夕鈴。」


大好きな人の声が、頭上から響く。


「・・・・・ぎゅぅっ、って、してて、ね・・・?」


私は夫の胸に擦り寄った。







「__________おかえり、なさい、陛下。」


ぼうっとした目で僕を見つめる君は、子どものようで。


「起こしちゃって、ごめんね。」


安らかな眠りを破ってしまったと、罪の意識を感じる。


お詫びのつもりで、柔らかく頭を撫で、寝かしつけようとしたのに。


「・・・・・ぎゅぅっ、って、してて、ね・・・?」


君からの不意打ちが、僕を襲う。







「・・・ほんと、君が刺客なら、僕を確実に仕留められるよ・・・」


すやすやと、再度安らかな眠りに落ちた君を抱きしめて、小さく、小さく、呟き。


「_________浩大。異常はないか。」


少し低い声を投げると、天井裏から浩大が顔を覗かせた。


「今のところは、いつも通りだよ。夜明けまであと二刻。任せなよ。へーか。」


にぱっ、と、笑う。


「・・・・頼んだぞ。」


「りょーかい、おやすみなさい、陛下。」






君を抱きしめて眠る、このわずかな間だけが、僕の本当の『安らぎ』の時間。

ひとときの、幸せな、安らぎ。


「_________ありがとう、夕鈴。」


僕に、こんな幸せをくれて。


「_________ほんとに、ありがとう。」


もう、絶対に手離さないから。


「_________一生、僕に騙されていてね?」



ずるい僕を、きっと君は笑って許してくれるんだろうけれど。

君に嫌われたく、ないんだ。

僕の手が、どれほど汚れているのか。

君に知られたく、ないんだ。





「_________へーか、も、騙されてて、ね?」


寝てると思っていた君が、突然呟いた。


「・・・なあに?」


きっと寝ぼけているんだろうと思って、優しく問いかける。


「わたし、やきもち、やき、なの。へーかが、女官さんと一緒にいるの・・・見るのも、いやなの。へーかのおせわ、を、わたしじゃない女の人がするの、いや、なの。」

「ゆーり、ん?」

「・・・・やきもち、やいて。こまらせたく、ない、けど。」

「・・・・」

「やっぱり、いや・・・」

「ゆー・・・」

「こんな、いやな私、へーかに知られたく、ない、から・・・・」

「うん。」

「ずーっと、騙されて、て、ね?へい、か・・・・」

「_________うん。」


言い終わって安心したのか、唇を少し開いたまま無邪気に眠る君に、愛しさが込み上げる。


「・・・・あと二刻、か。少し足りないかな・・・」


まぁ、いいか。

足りない分は、明日補えばいい。


にっこりと笑った狼は、愛らしい兎を抱きしめ。

ほかほかと温まった柔肉を、時間の許す限り味わう。



それは、この上なく幸せな、ひととき。

狼と兎の、秘密の、ひととき。
«  HOME  »
  信頼

C.O.M.M.E.N.T

ん?

いつもベタ甘、書いてらっしゃるじゃないですか?
子どもがいようがいまいが、凄い甘可愛いやつ。
このSSも可愛くて、ベタ甘ですけど(笑)
思いが交錯して、少しだけ伝わりあうって、いいですよねぇ。そしてまたすれ違って、じれじれするの。
うち、今、甘いの禁止なんで。
いいです。甘いの補充させて下さい。
じゅるるる←

2013/06/14 (Fri) 16:04 | 羽梨 #- | URL | 編集 | 返信

Re

あれ?いつも甘いの??
なんか、味覚障害みたいで、自分の書いたのは、ぜーんぜん甘く感じないのですよ。おかしいなぁ。
糖分は、もっぱら外食です。
羽梨さま宅のお二人、甘味料禁止ですか!!
それでも、充分甘い気がする。うふふ(こら)

2013/06/14 (Fri) 17:14 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック