--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_05
29
(Wed)19:45

皇子の願い③

【設定・未来・お子様あり】
【ご注意!オリキャラ(お子さま三人・李順さんの奥さん・その他)でまくりです。】
【捏造の塊でございます】
【ほぼ、お子さま世代がメインの話しです】


☆人物説明

珀清翔(長男にして、李順の長女と夫婦。李家に居候中。)
珀明翔(次男にして、時期国王・・・なのは、まだ内緒。)
珀桜花(三人兄弟の末子。長女にして、女王。几鍔の嫁になることが決まっている。)

李芙蓉(李順さんの奥様。)
李玉華(李順さんの長女。清翔の妻。姉さん女房。)


この他にも、オリキャラさんが出てくる予定です。


苦手な方は、ご無理なさらず!!





《皇子の願い3》





王都の少し外れにある瀟洒な離宮。


以前、李順が腕を振るって新築したその離宮では、上皇となった黎翔と、皇太后となった夕鈴が、それはそれは仲睦まじく暮らしている。



「陛下!陛下!!朝です、起きてください!」


退位してからこの方、黎翔は朝寝を楽しむようになった。

・・・・それが、元来働き者の夕鈴には、許せず。


「__________もうっ!!」


焦れた夕鈴は、夫の上掛けを引き剥がす。


「・・・寒いよー、夕鈴・・・・」


くるんと丸まって小犬の顔で自分を見上げる夫に、夕鈴の頬が少し染まる。


「・・・そ、そんなに可愛らしいお顔をなさっても!もう朝、です!起きてください!」


若干うろたえた夕鈴の口調が丸くなったのを、黎翔は見逃さず。


「_____________いやだ。」


にっこりと笑みを浮かべ、妻の腰を捕らえる。


「っ!もうっ!離してください!」


本格的に真っ赤になった夕鈴の抵抗を、ものともせず。


「・・・・夕鈴は、僕とくっつくの、いや?」


ニコニコと小犬の笑顔で、黎翔は愛しい兎を見上げる。


「・・・・・い・・・・いやじゃ、な・・・」


かあっ、と音がしそうな勢いで首まで真っ赤になった夕鈴は、思わず夫から目を背けた。



寝乱れた胸元が開いて、滑らかで逞しい肌が間近に見え。

さらさらの髪から、清やかで深い、夫の香りが漂う。

寝起きの紅い瞳は、すこしぼうっとしているようで。



「あ、あの・・・陛下、朝のお仕度を・・・」

熱が上がりそうになる自分を、無理に押さえ込んだ。


そんな夕鈴を蕩ける様な表情で見つめていた黎翔は。


「ああ。__________これが済んだら、な。」


紅い瞳を光らせて、ぐいっ、と夕鈴を寝台へ引き込んだ。






「_______________ほんと、いつまでも仲良しだよね・・・・」

離宮の中庭、見事な桜の大樹の上で、隠密は独りごちた。










王宮、庭園。



「___________正直に、申し上げて宜しいのですか?お兄様?」


茶を一口含み、桜花はにっこりと兄を見上げた。


「ああ、頼む。」


少し緊張した面持ちで、清翔は桜花を見つめる。


「・・・・では、遠慮なく。」


ことん、と白磁の茶器を置き、桜花はにっこりと笑った。


「湯温も、薫りも、申し分ございませんわ。・・・ですが。」


「・・・が?」


「少し雑味がございますわね。なんと申しましょうか・・・・下心?」


「し、したっ?!・・・・おまえ、さらっと凄いこと言うな・・・・」


「お兄様。___________玉華さんと、何かございまして?」


「何か、って・・・・」


「お兄様。正直に。」


「________分かったよ。」


清翔は観念したように瞳を閉じた。







「_________清翔、お兄様。・・・いいえ、兄上。」


清翔の話を聞き終わった桜花は、姿勢を正した。


「・・・本当に、宜しいのですか?本来の居場所に、お戻り頂けるのですか?」


「__________ああ。」


「結局、私や明翔兄様の為に、兄上は・・・・・」

苦しげに顔をゆがませる桜花の頬に、清翔は優しく手を沿わせる。


「そんな顔をするな。」


「兄上・・・」


「お前たちのおかげで、私は思いもよらぬ夢のような日々を得た。________もう、充分・・・・だ。」




紅い瞳。

血のような色のはずのそれに、どこか優しい色が混ざる。

見る物を竦ませる様な、厳しい眼差しのはずなのに・・・どこか安らぐ、不思議な瞳。




吸い込まれるような兄の瞳を見上げる桜花の頬に、涙が一筋、伝った。


皇子の願い④へ
雨季   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

(*´д`*)

黎翔上皇格好いいっ(〃▽〃)
でも小犬!何歳だ?
はだけた胸元でくらくらさせちゃうなんて、なんて色気だ!
計り知れない男!黎翔上皇!!←凄いお気に入り( ´艸`)
なんか、嫌な事吹っ飛びました!
ありがとう!あさ様!!

2013/05/29 (Wed) 20:25 | 羽梨 #- | URL | 編集 | 返信

Re

大人の男の色気ですよ。ふふ。
おじさま最高(違)
元気でましたか?嬉しいです。

2013/05/29 (Wed) 20:30 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。