--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_04
03
(Wed)15:55

たまには

短いですが、もし宜しければ♪


【設定・未来夫婦・お子様はありなしどちらも可】



《たまには》




深夜。

ふと目が覚めて、一人きりの寝台に起き上がり、ため息をつく。

冷たい敷布があなたの不在を一層際立たせて、私を苛める。

・・・・あと、三日。



私はいつからこんなに寂しがりになったんだろう。

母さんがいなくなったあの日から、強くなったはずなのに。


「_________れいしょう、さま。」

唇から無意識に零れ落ちるあなたの名が、がらんとした寝室に響く。

「・・・・もう、寝よ。」

ぱたんと寝台に倒れても、あなたがいないと眠れない。

私は枕を抱きしめて、ぎゅっと目を瞑った。


早く、早く帰ってきて。

あなたがいないと、寂しいの。


三日後、あなたが帰ってきたら、少し素直に甘えてみよう。

恥ずかしがらずに、胸に頬を寄せてみよう。

誰に見られても構わない。



_______ねえ、陛下。たまには、いいでしょう?
清明節   
«  HOME  »
  事故

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。