2017_08
13
(Sun)22:31

道標


こんばんは。
あさ、です。
せっかくのお盆休みなのに天気がいまひとつな関東地方。
海に、海に行きたい……!

それはさておき、夏コミに参加された皆様お疲れ様でございました。
ちょびっとだけでも行きたかったなぁ。
今回は家庭の事情で見送らざるを得なかったのですよ……。
リア大事。
泣いてない。

そんなこんなで、少し弱り気味の陛下をお送りいたします。
もし宜しければ。
あ、いつも通り短いですよー。





【設定 原作沿い】
≪道標≫



今この国に必要なのは、狼陛下。
内乱を武力で鎮圧し、乱れ切った内政を思う存分粛清し。
後腐れなく表舞台から身を引く事のできる、身寄りのない狼王。
――――つまり。

「用が済めばさっさと殺せる王……ということだ、な。」

ははっ、と。
小さく笑って夜空を仰ぐ。
詰まりそうになる息を吐き出してまた、吸う。

「っ、く、」

どくん。
虚しさに止まりそうになる心臓を動かし、握りしめて。
広い後宮に唯ひとつだけ灯る明かりを思い描く。

『お帰りなさいませ、陛下!』

「……っ、ゆう、」

――――りん。
夕鈴、夕鈴。

そうだ、私は――――狼陛下、は。
使い捨ての王であることをやめたのだ。
それがどれほど苦しくても、困難でも。
夕鈴。
君が照らしてくれた未来を二人で紡ぐために、僕は。

「ただいま、夕鈴。」

少しだけでもいい。
前に、進むんだ。




«  HOME  »
  領分

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/14 (Mon) 10:49 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/14 (Mon) 19:39 | # | | 編集 | 返信

あい様へ

陛下大好きな身としては弱かろうが強かろうが脆かろうがなんでも書きたい読みたいです。
よくもまぁ書くものだとと己に呆れながら書いてますwww

先日の日記。
私も過去何度も経験したことですのでコメントをさせて頂こうかどうしようかと躊躇いながら結局足跡を残すのみでした。
申し訳ございません。

書き手様の萌えを読ませていただく。
それが元来生粋の読み手たる私の揺るがぬ立ち位置です。

だって、PCなりスマホなりガラケーなり。
冷たいディスプレイの向こう側には自分と同じく血の通った『人間』がいるのですから。

相手の立場に立つ。
社会性の基本だと思うんですよ。

難しいことですが。

2017/08/14 (Mon) 22:44 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

くみ様へ

腰のお具合、少しでも良くなっていらっしゃるとよいのですが。
ぎっくり腰は大変だと聞きますので、どうかご無理なさいませんよう!
私も無理は致しません。
というか、できない(笑)

早く良くなられますように!

2017/08/14 (Mon) 22:47 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント