2017_04
17
(Mon)20:48

苦笑



≪苦笑≫


あの頃を思えば今の苦労など、どれほどのこともない。
李順は苦笑を浮かべつつ、初夏の空を見上げた。
潔い軌跡を描く燕が彼の迷いを断ち切る。

「妃は一人、ですか。」

彼がすべてを捧げると決めている王の、生涯ただ一度の『我儘』。
無茶は言えども無理は言わぬ彼の、唯一のそれは。
得ることを諦めたはずの『幸せ』の欠片。

 ――――ならば。

「やりますか。」

我が敬愛する王は、唯一人。
彼の王のためならば、やり遂げて見せよう。

「さあ、夕鈴殿――――いえ、お妃様。課題をお見せください。」
「はいっ、お義母さま!」
「誰が姑ですか!」







「お、燕。」

しゅるりと弧を描く尾を目の端で追いながら、浩大はのんびりと欠伸をした。
今日は、月に一度の特別な日。
国王が妃と後宮に籠る……いや、休息を取るための日だ。
――――それなのに。

「陛下、邪魔しないでー!」
「えー、今日は夕鈴と一緒にお休みする日なのに~。」

課題の提出に余念がない勤勉な妻に不満たらたらな狼を苦笑と共に見下ろして。
浩大はひらりと地面に舞い降りる。

「――――陛下、たまには『道具』の手入れ、頼むよ。」
「やるのか、浩大。」

小さくため息をついてこちらを見やる李順に目線をくれて、浩大は。

「今日は……負けねえ。」
「ふん、そうはいくか。」

どこか楽し気に自分を迎え撃つ主に、挑みかかった。







「……やっぱり、こうなると思ってたんだよね。」

湯殿を使って部屋に戻れば、安らかな寝息。

「うん、分かってた。」

黎翔は肩を落として夕鈴の髪をさらりと撫でた。
侍女が気を回したのだろう、彼の好む香が彼女から届く。

いい香りだ。
素直にそう思えるようになったのは、夕鈴のおかげ。
時の王に最も愛されている妃だけが許されるその香は。
ほのかに甘く――――だが。
黎翔の心の最も柔らかい部分を掻き乱すものだった。

「夕鈴……君が纏えばこうも温かに香るのか。」

ざらりざらりと濁る心ですら、受け入れられる。
これまでの哀しみも苦しみも怒りも何もかもすべてが、君に会うための試練だったのだと思える。

そんな自分に苦笑を浮かべ、黎翔は妻の夜着をくつろげて。
顔を埋める。

「――――夕鈴。」

ようやく手に入れた、幸せの香に。



«  HOME  »
  怖れ

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/17 (Mon) 21:05 | # | | 編集 | 返信

くみ様

さすがに書き疲れて(笑)
でもまた書いちゃった(笑)

どうしましょう。
どうしたらいいんでしょうかね?
書庫とか言いながらSS書いてるし、私は何をどうしたら(笑)

2017/04/17 (Mon) 21:08 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/17 (Mon) 22:32 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/18 (Tue) 06:43 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/18 (Tue) 21:02 | # | | 編集 | 返信

はなこ様へ

こちらこそ、読んでいただいてありがとうございます。
書きたいときに書きたいものを書けばいいんですよね……。
書きたいくせに書けなくて、ゴロンゴロンしてます(笑)

2017/04/18 (Tue) 21:40 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

くみ様へ

こんばんは。
そう、そうなんですよ。
なんて言うか、こう、ほら。
うわぁぁぁ!
ってのが、ね?
欲しいんです……。

2017/04/18 (Tue) 21:41 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

タカ様へ

いきなり書庫化してしまってごめんなさい。
さすがにほら、やり切った感満載で(笑)
「好きな時に書けばいいんだよー」と友人にも言ってもらいましたが、
ブログが気になってしまって。
いや、自意識過剰なのは分かってるんですが、性分でしてwww
でも、タカ様のように私の書いたものを楽しんでくださる方のおかげで、ここまで続けております。
ありがとうございます。

2017/04/18 (Tue) 21:46 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/18 (Tue) 21:47 | # | | 編集 | 返信

ゆん様へ

お。楽しいですか、よかった。
ぐるぐる考えるのは書き手の性なんでしょうかね。
本来、生粋の読み手な筈なんですが。
楽しくやるのが一番ですよね。

2017/04/18 (Tue) 21:51 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/26 (Wed) 14:34 | # | | 編集 | 返信

なおかざ様へ

ご心配をおかけしてごめんなさい。
なんていうか、こう、「書きたい!」と湧き上がってきた時にぽろりと書くと思います。
書庫化でもしないと休めないクソ真面目な性格が災いしておりまして。
自分を持て余しておりますよ。

2017/04/26 (Wed) 20:19 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/28 (Fri) 22:39 | # | | 編集 | 返信

なおかざ様へ

ありがとうございます。
無理せずにやっていこうと思います。

2017/05/05 (Fri) 07:24 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント