2016_11
01
(Tue)18:46

2016ハロウィンSS


ほんの遊び心です。
ハロウィン終わっちゃったのに何やってんだと突っ込んでやってください。

繰り返します。
ほんの遊び心です。(笑)


なんか分岐してます、ええ。
なんででしょうねぇ、ふふ。




【2016ハロウィンSS】



いつも通りに妃の部屋へ帰って来た狼陛下珀黎翔・新婚。

『お帰りなさいませ、陛下!』

ぱっと花が咲いたように明るく温かい笑顔に出迎えられるものと期待していた彼は、部屋の様子に眉を顰めた。

「……。」

暗い。
真っ暗。
一刻も早く夕鈴に会いたくて今日も一日頑張ったのに。
早く顔が見たいのに。

「なにこれ。」

思わず低い声が出た。

すると。

「ふふふふふ、お帰りなさいませ、陛下。」

ぼうっと浮かび上がる、橙色の灯。
恐ろし気な目鼻をした奇妙な形のそれがゆらりと浮かび上がった。
どうやらこれは夕鈴の趣向。
おどろおどろしい雰囲気を醸し出して私を驚かせようというのか?

「ああ……今帰った。」

黎翔はカボチャのランタンを手に近づいてくる妃をじっと待った。

「今日はハロウィンですよ、陛下。」
「ハロウィン?」

あ。
そうだった。
少し前に夕鈴から聞いてたんだ。
確か、そう。
お菓子欲しさに悪戯をする異国の風習だったな。

「なるほど、これが『悪戯』か。」
「そうです!どうですか、驚きましたか?」

黒い布をすっぽりとかぶった夕鈴は得意げだ。
まいった。
お菓子の準備なんてしていないぞ。

「お菓子を下さらないともっと悪戯しちゃいますよ~?」

くすくすと愛らしく笑う新妻。
『忘れていた』とは言えない黎翔は―――――


裏へ


「ごめんね、ハロウィンのこと忘れてて……お菓子、ないんだ。」

素直に謝ることにした。
そう、相手は夕鈴だ。
直球勝負が一番。

「忘れ……」
「ごめん!ちょっとここのところ急な仕事が続いて、って、言い訳はダメだよね……ごめんなさい。」

しゅん、と耳を垂らし申し訳なさげに首を垂れる狼陛下。
夕鈴は即座に陥落した。

「謝らないで下さい、そんな私の方こそ驚かせてしまってごめんなさい!」
「怒って、ない?」
「怒るわけないですよ、お疲れなのに遊びに突き合わせてしまって……あの、お茶にしましょう、お茶!」
「うんっ。ありがとう。」

慌てて黒衣を脱ぎ手早くたたみ、夕鈴はカボチャのランタンを置く。
いつもの明かりを灯し茶を淹れて。

「……美味しい。」
「温まりますね。」
「……。」
「……。」

目を見合わせ、どちらからともなく笑いだす。

「ぷっ、ぷぷっ、くくく……っ、」
「ゆ、夕鈴、『ふふふふふふ』って…!」
「やだもう、恥ずかしい!言わないで下さい!」
「あははははっ!」

今年のハロウィンは少し失敗したけれど。
来年こそは二人で趣向を凝らして楽しもう。
そうだ、李順のやつに仮装をさせてやろうか。
たまには周も巻き込んでやったら面白いかもしれない……いや、あいつは仮装がなくてもお化けっぽいか。

新婚夫婦のハロウィンは。
ゆったりと穏やかに過ぎてく。
甘い甘い、菓子のように。



密約   
«  HOME  »
  白陽6

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/01 (Tue) 21:05 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/02 (Wed) 13:12 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/02 (Wed) 19:11 | # | | 編集 | 返信

ボナ様へ

私も、こうしてコメントでお話しできて嬉しいです。
コメントを期待してSSを書いているわけではないはずなのですが、全くコメントをいただけないとやっぱりちょっと凹みます(笑)

ですので、どうぞお気軽に話しかけてやってくださいね。

2016/11/03 (Thu) 11:11 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

ボナ様へ

月下、読んで頂いてありがとうございます!
すごいでしょ、表紙!!
表情筋が崩壊する表紙ですよね!
超・背後注意ですよほんと。

中身(本文と言え)へのご感想もありがとうございます。
頑張って書いたので褒めていただけて嬉しい!舞い上がっております。(笑)

2016/11/03 (Thu) 11:13 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

ゆん様へ

夕鈴なら何でも美味しい。

とか言いそうです、うちの陛下…(笑)
大人なハロウィン、お粗末様でしたー!

2016/11/03 (Thu) 11:14 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント