2016_07
05
(Tue)22:53

駆け引き


更新停滞予告したばかりのくせに何書いてんだよ!
と、自分に激しく突っ込んでおります、あさ、です。

ええと。

原稿書いて脳が煮えるとSSを書く。
そんな素敵スパイラルにまんまと嵌っております。
あはははは楽しいなぁ!!←疲

「この世の春」。
広い世界の片隅に、こんなブログがあってもいいじゃないか。
と。
開き直りつつ。
愛を込めて。
このURLでの二年目です。

それにしても、今日は疲れた。
次女(小4)と湯船につかっていたら、寝てしまって。
起こされちゃいました。(笑)
猫を抱えて寝ることにいたします。

皆様も、良い夜を。

過去捏造気味なssです。
もし宜しければ。




【設定 原作沿い 過去捏造】
《駆け引き》


今日もダメか。
分かっている、分かっているけど、でも。

「起きてよ、夕鈴……。」

深夜。黎翔を待ちながら寝入ってしまった夕鈴に起きる気配は、ない。
ぺしょん、と。
小犬とも狼ともつかぬふさふさのしっぽが、ぽさりと垂れ下がる。

「お嫁さんとゆっくりしたいなぁ。」

狼の独り言は誰に届くことなく消えた。




頃は、夏。
愛しい妻が本当の妃になってから迎える初めての季節を、黎翔はそれはそれは鬱陶しいほど楽しみにしていた。

「李順、あのさぁ。」
「休暇をお望みでしたら最短で来春になります。」
「ちょっと待て。来春って。」
「年明け、と言う意味ですが何か。」

ぴしっ。
音を立ててひび割れる、主従の絆。
珀黎翔二十一歳。狼陛下と呼称される彼と、その側近。

「夏季休暇はどうした。」
「来年度なら、ございますが。」

彼らの言い争いに割って入れる者など、そうはいない。
氷つく、政務室。
一人また一人と退室していく官吏達を咎める者は誰もいなかった。

「ほう―――命が惜しくはないのか。」
「お妃様は、『お仕事を頑張る陛下って凛々しくて大好き』と仰っておいでです。」
「くっ。」

狼陛下、形勢不利。
側近はここぞとばかりに畳みかけた。

「お妃様は温泉がお好きですよね。」
「!」
「来春……雪を見ながらご夫婦で湯に浸かるというのもまた」

うんうんと頷きつつ呟いた李順の言葉を。

「半月!」
「はぁ?!」

黎翔が前のめりに、遮る。

「来春でいい、半月の休暇をよこせ!」
「半月って……長くないですか。」
「短いっ!!」
「―――――。」

放っておいたら半月どころか一年でも二年でも休暇を取りそうな国王の、必死な顔を。

「はいはい、承知いたしました。」
「いいの?!」

苦笑しながら、側近は見やる。

――――寒いな、李順。

ほんの数年前。そう言って寂しげに笑っていた面影はもう、無くて。

「じゃあさ、今度も夕鈴と同じ部屋がいいな!」
「少し手狭ではありませんか?」
「それがいいんだよ!」

少しだけ頬を染め、瞳を輝かせるその様は。

――――李順、ほら!初雪よ!

はるか遠い昔。天に手を差し伸べて笑いながらそう言ったあの美しい方に、似ていた。

舞姫、様。

ほんのわずかな仕草や視線、発する言葉。
その一つ一つに魅かれずにはおられなかった、あの御方。
時の王が国を傾けるほどに寵愛した、妃。
そして、私の。
初恋。

「ね、いいでしょ、李順!」
「では、お妃様には内密にしておきましょうか。事前に知らせると追い出されますよ、陛下。」
「うんっ、じゃあ夕鈴には内緒で!ああ、楽しみだなぁ。半月、かぁ……。」
「たまにはご夫婦水入らずでお過ごし下さい。」

その前に、たんまりと書簡をプレゼント致しますが、ね、

「早く来年にならないかなー。」
「半年なんてすぐに過ぎますよ、陛下。」

そう。
時間の経過も忘れるほどの政務がお待ちですよ、狼陛下。

「冬の離宮に使いを出して準備万端整えるよう手配いたします。」
「頼んだぞ。」
「かしこまりました。」

作法通りに頭を垂れた、李順は。
ふっ、と。

「楽しみ、ですね。」

誰にも見られないように、微笑んだ。




熱帯夜   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/06 (Wed) 11:02 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/06 (Wed) 11:11 | # | | 編集 | 返信

行さまへ

おや、行さまも文月のお生まれ?
私もです。

息子さん、先が楽しみですねぇ。
お嬢さんも夢の国を楽しめますように!

しかし、毎晩眠い…←当り前
げんこう。←やれよ

2016/07/07 (Thu) 23:16 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

ますたぬ様へ

あ、離宮で半月の休みを取る、と言う意味です。
目の前の短期休暇より来春の長期休暇を得ようとしております、陛下。
いや、李順さんの誘導の勝利かも(笑)
いきなり休まれると困りますものねぇ。

ガスコンロは便利ですが熱い!
IHな我が家ですが、料理したくありません。(笑)

2016/07/07 (Thu) 23:18 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント