2016_02
24
(Wed)21:51

【LaLa4月号第79話ネタバレ感想妄想SS】 《陛下》


表紙!
陛下!
楽し気ですね!

昨夜から幸せすぎてもうなんて言うか。
天に召されてしまいそうです。
ええ、行先は地獄ですがね。行い悪いから。
訳の分からん前書きでごめんなさい。

さて。
本誌ネタバレ且つ、妄想やら感想やらが入りまくりないつものネタバレSSです。
夕鈴Ver.も書けたらいいな。

以下、ネタバレです。
本誌をご覧の上での閲覧をお勧めいたします。
なぜなら、本誌を読まねば意味不明なSSだからです。(笑)





【LaLa4月号第79話ネタバレ感想妄想SS】
《陛下》

臨時だったころとは違い、「本当」の時間を共に過ごす。
それは、とても幸せなことで。
心浮き立つ日々。
でも、それは同時に。
良くも悪くも新たな発見を積み重ねていくこと、でもある。

いつだったか…ああ、あれは氾が毒蛇にかまれる前のことだ。
一癖ありそうな侍女が僕に毒を盛ったことがあった。
『あれは私に毒など盛らん。飲んでほしければ直接そう言ってくるような正直な娘だ。』
素直な夕鈴。
狼陛下は演技だと言った私の言葉を信じ、真っ直ぐな瞳で僕を見て。
『私はどこにいても、きっと陛下の味方だから。覚えといて下さいね。』
小さな白い花弁が舞い上がる季節に、僕は恋に落ちた。

夫婦が重ねていく、時間は。
良くも悪くも濃密で、逃げ場がなくて。
裏も表も隠せない。
今回の「浮気対策」だって、すぐに露見した。

ねえ、夕鈴。
僕は君が好きなんだ。
素直で優しくて、何よりも誰よりも真っ直ぐに僕を見てくれる君。
頬を膨らませて焼きもちを妬いたり、強がったり。
ぼそり、と殺し文句を口にしたり。

だから。
お願いだ。

君のそばにいるときだけは、本当の僕でいたいから。
私を取り巻くあの薄暗い世界の、彼らのように。
隠さないで。
騙さないで。

君は、僕がここにいる理由。
狼陛下に未来を見せることのできる、唯一の。
僕だけの、私だけの、夕鈴なんだから。

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/25 (Thu) 01:10 | # | | 編集 | 返信

くみ様へ

お返事遅くなりました、ごめんなさい。

そして、頂いたコメントにほっと胸をなでおろしております。
やっぱり、そうですよね?
こんな感じですよね?
私だけがおかしいのかと、実は少し悩んでおりました。

隠し事なんて日常茶飯事な我が家です。←

2016/02/25 (Thu) 19:34 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント