2015_11
23
(Mon)15:36

常春の冬


白/陽/国SNS地区さま内某コミュにて開催中のいい夫婦の日トピックスに投稿させて頂いたSSです。

もし宜しければ。




【設定 本物夫婦】
《常春の冬》


本当の夫婦になってから半年。
陛下はいろんな表情を見せてくれるようになった…と、思う。

「あぁ、疲れた~。夕鈴も一日お疲れさま!」

ぱたりと卓に突っ伏して私を見上げる陛下の瞳は、狼でも子犬でもない。
私だけの陛下。

「お茶もいいけど、早く…ね?」
「っ。」

花茶を運ぶ手を、するりと撫でられる。
それだけでぞくりとしてしまう自分の身体をはしたなく思うけれど、陛下はとっても嬉しそう。

「夕鈴、桜色。」
「んっ、」

夜着の袖から入り込んでくる大きな手。
遠慮なく、でも優しく私をまさぐっていく。

「ぁ…へいか、」

かくんっ、と膝が抜ける。
ぽすん、と抱きとめられて嬉し気な笑い声が降ってくる。
いつもこう。
私はいつも、陛下の手のひらの上。
ちょっと悔しくて、お返しをする。

「えいっ!」
「っ!」

ちゅっ、と軽く音を立てて首筋に吸い付き痕をつける。
ぴたりと動きを止めた陛下。
それをいいことに、真っ赤な花びらみたいなそれを指先でなぞった。

「ちょっとだけお返しです。」
「…なんのお返し…?」

みるみるうちに陛下の頬が朱に染まる。耳まで赤い。
心なしか涙ぐんでるようにも見える。
…あれ?痛かった?!
私、やり過ぎた?

「い、いつも陛下の思い通りにされちゃうお返し、っていうか、その、やり過ぎましたごめんなさ――――むぐっ!」

ぎゅうっと抱きしめられて息が止まる。
そのまま抱えられて向かう先は、二人の寝台。

「たぶん僕は今、世界一幸せだと思うよ。」
「え?」
「じゃぁ、今度は僕から『お返し』するね?」

深まる夜と重なる吐息。
冬を迎える白陽国。
二人で過ごす今年の冬は、きっと。
厳しい寒ささえも温もりを引き立たせる隠し味。
常春の、冬。

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/23 (Mon) 17:41 | # | | 編集 | 返信

私も頑張って投下して逃げてきました^^;
やっぱりあさ様のSSはほっこりしますねぇ。
あったかくて、一時の憩いの場というか、なんかホッとするようで大好きです。
これからまた寒くなりますし、風邪をぶり返さないように気をつけて下さいね。

2015/11/23 (Mon) 20:19 | まるねこ #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/23 (Mon) 22:05 | # | | 編集 | 返信

ゆらら様へ

糖分補給になって宜しゅうございました。
本誌、発売されましたね!
陛下ー!←叫ぶな

2015/11/25 (Wed) 17:46 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

まるねこ様へ

投下逃げ、仲間!←こら

過分なるお褒めのお言葉、恥ずかしい…。
ありがとうございます。


2015/11/25 (Wed) 17:48 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

あい様へ

胃の調子はいかがですか?
消化器系の不調もつらいですよね…。
私は今、胃腸がやられてます。原因はストレス。
お互い早く良くなりますように!

2015/11/25 (Wed) 17:50 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント