2015_09
26
(Sat)21:56

慣れたふり


こんばんは。
あさ、です。

コメント、本当に嬉しいです。
落ち着いてお返事したいので、もう少しだけごめんなさい。
元気を頂いております、ありがとうございます。
お返事できなくても頂くのは嬉しいです!←我儘だな

原稿からの逃避とも言いますが、SSを書いてしまいました。←原稿やれ




この先は本誌ネタバレ気味なSSです。
アールな要素も入っておりますのでお気をつけてお進み下さいませ。




【設定 本誌ネタバレを含む全ネタバレ】
《慣れたふり》



慣れたふりを、する。





浅い眠りで休息を得ることを覚えたのはいつの頃か。
冷たく湿った空気が喉に沁みたのを覚えているから、きっと北にやられてからの事なのだろう。

「…黎翔、眠れないの?」

後宮とは違い、母の部屋と僕の部屋とは近かったから。
宿直の者すらうつらうつらとするような刻限に、母はよく現れた。

「ごめんね、寒いわよね。」

さらり、と僕の前髪を撫でる母。

――――心配させてはいけない。

そう思って、僕はいつも寝たふりをした。

「ふふ、いい子ね、黎翔。」

母の手の暖かさは、僕を眠りに誘い。
僕は眠ったふりをする事に慣れていった。






そして、今。
僕は幸せのただ中にいる。

「っ、あああっ、やだ、へいか、恥ずかし…っ、見ないでっ、」
「綺麗だ、夕鈴、もっと舞って―――」

分かっている。
今が春だと知っている。
この夢のような日々がいつまでも続かぬ事など。

「やだ、へいか、好きなの…すきっ!」
「くぅっ!」

心と体を別にして、君ではない誰かに触れねばならぬ事など。
分かっている、知っている。
理解している。


『―――――黎翔。』


母上。
父上。


『―――――貴方だけ、は。』


私は、私達は。
あなた達の様には。
ならない。
なりたくないんだ。

「…んっ、陛下。」
「身体、辛くない?」
「嬉しすぎて胸がいっぱいですけど、身体は全然辛くないです!」
「あのさぁ、夕鈴…それ、煽ってるから。」
「え、ちょ、陛下、やんっ、」
「まだ、足りない。」
「ひ、あああっ、あっ、」

くったりと寝台に沈んだ夕鈴に夜着を着せ。
乱れた敷布と彼女の肌に残る己の残滓を見やり、くしゃりと前髪を握る。

「まったく、我ながら呆れるが……仕方ない。」

私は。
父ではなく、母でもない。
ましてやこれまでの王のように。
愛してもいない女を抱く事など、出来ぬ。

「愚か、か。」

それを『愚王』と言うならば。
好きに罵るがいい。

「愛している。」

夕鈴。
君を、君だけを愛している。
隣にいて欲しいのは君だけで。
他の女はいらない。

「浩大、動け。」

かたん、と天井裏から顔を出す道具。
まったく、いつからそこにいたのやら。

「了解。もういいの?」
「ああ、彼の国の客人もそろそろ観光に飽いた頃だろう?」
「そだね。じゃあ、次は…。」
「こちらの番だ。」
「御意。」

にっ、と笑って姿を消す浩大。
パタンと閉じた天井板の向こうから、金木犀が薫る。

『僕も、触れていい?』

あれから、一年。
溢れる想いに蓋をしてから、一年。
もう二度と会えぬと思っていた君は今、この腕の中にいて。
僕の想いや考えなど及ばぬ未来へ私を導く。


「…ん、陛下…。」

幸せそうに微笑みながら眠る夕鈴。
手に入るはずもなかった彼女を抱きながら眠る幸せに感謝を捧げ、震えながら。

今宵も、慣れたふりをする。

いなくならないで、消えないで。
何処へも行かせない、行かせない。

止めどなく湧き出る不安を溶かしてくれる安らかな寝息と。

「ふふ、陛下、だいすき。」

涙が出そうになるくらいの、幸せに。

「夕鈴――――」

慣れたふりを、する。

夕鈴、君がいなくなる。

そんな日に怯えながら。

「夕鈴。」

慣れたふりを、し続ける。





«  HOME  »
  遊戯

C.O.M.M.E.N.T

そうか…。まだまだ陛下は幸せに成れないんだ。

怖がりだな(笑)お子ちゃまw人格形成失敗したのね(笑)

そんな陛下が好きだ!!!←ソレデイイノカ!?

2015/09/26 (Sat) 22:41 | 行 #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/27 (Sun) 00:11 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/27 (Sun) 06:44 | # | | 編集 | 返信

行さまへ

幸せに浸るには不安要素が多くて、うちの陛下。
かわいそうだなぁ。←こら

本誌を読んで幸せに浸ろう!

2015/09/28 (Mon) 16:49 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

くみ様へ

ご心配いただきありがとうございます。
母の話ですと、さすがに懲りたのか大人しくしているようです。
その手には乗りませんがね。←なんだそりゃ
このまま回復してもらわねばと戦々恐々です。
寝込まれたら本当に洒落になりません。

本誌。
動き始めましたね!
どうなって行くのか楽しみです!

真っ白ふわふわにゃんこちゃん、元気ですか?

2015/09/28 (Mon) 16:58 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

Re: タイトルなし


ありがとう。

2015/10/23 (Fri) 20:33 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント