2015_08
19
(Wed)16:11

織姫の涙



このSSも白陽国SNS地区にてUPしているものです。
青慎くん目線。
七夕に書いたSSです。
短くて陛下と夕鈴の絡みもありませんが、もし宜しければ。








【設定 本物夫婦】
《織姫の涙》


降りしきる、雨。
部屋の中も気分も湿ってしまいそうな雨模様。
そんなある日、汀家の台所では夕鈴が元気に立ち働いていた。

「こんな日は汗が出るくらい熱いスープなんかがいいのよね!」

くるくると踊るように、楽しげに。
夕鈴は葱を刻み湯を沸かし、腕を振るう。
久し振りに賑わう汀家の竈。
あたたかな湯気とおいしそうな香りが厨の窓から溢れ出る。








「に、義兄さん…?!」
「うん、来ちゃった。」

学問所の講義が終わった青慎を待ち構えていたのは、義理の兄。
傘もささずに濡れ鼠ならぬ濡れ狼となった黎翔は、少し照れたような笑顔を青慎に向けた。

「夕鈴、まだ怒ってるかなあ。」
「やっぱり喧嘩したんですね、姉さん……。」
「うん、僕が悪いんだ。」

がっくりと肩を落とす黎翔。
力なく垂れた尻尾と耳の幻覚が青慎を襲う。

「姉をお許し下さい、国王へい」
「違うよ。」
「っ。」

謝罪の言葉を紡ぐ前に制止され。
青慎は眼前に突き出された義兄の掌をじっと見つめた。

「夕鈴と約束してたのに……僕、破っちゃって。」
「約束、ですか?」

大きな手のひら。
見るからに堅そうで、ごつごつとしていて。
まるで武官の手のようだけど、綺麗な、手。

「七夕の夜は二人きりで過ごそうって、ずっと前から約束してたんだ。年に一度しか会えない天の神様を二人で見よう、って。」
「……。」
「僕、忙しくて夕鈴に会いに行けない日も多いから。せめて七夕の宵だけは、って。」
「そう、ですか。」

ゆっくりと手が下ろされて、義兄の顔が現れる。
この国を守り導く、狼陛下。
何を前にしても怯まぬ国王が、悲しげに微笑む。

「年に一度きりの約束も果たせない夫なんて、情けないよね。」

黎翔の被った外套から雨が落ちる。
どれほど長い間そこに立ち尽くしていたのかが察せられ、胸が締め付けられた。

「ごめんね、青慎くん。君と一緒なら夕鈴も僕に会ってくれるかな、って……卑怯だよね。」
「いいえ!」
「っ。」

自分でも驚くほど大きな声が出た。
違う、と思ったから。

「違います、義兄さん。姉さんは怒ってなんかいません!」
「え。」

確信があった。
今朝早く急に帰って来た姉さんの様子はどこかおかしかったけど、あれは怒っているとかそういうんじゃない。

「大丈夫です、絶対大丈夫。姉はきっと。」
「青慎、くん?」

邪魔な傘を閉じて義兄の手を掴む。
下町っ子しか知らない裏道を駆け抜けて、家を目指す。
近づいてくる我が家。
厨から立ち上る湯気と、温かな香り。

「姉さん、ただいま!」
「おかえり、青……慎。」

狼陛下の手を掴んだままの僕をみて固まる姉さんの後ろには、たくさんのご馳走。
三人じゃ食べ切れないほどの料理。
ほら、やっぱり。

「おまたせ、姉さん。義兄さんを連れてきたよ。」
「……っ、青慎。」

姉さんは、待ってたんだ。

「僕、着替えてくるね。濡れちゃった!」

姉さんの目に浮かぶ涙。
意地っ張りで真面目な姉さんは、きっと。
素直に甘える事が出来なかったんだろう。
約束を破った陛下を詰る事ができなかったんだろう。

「夕鈴、ごめんね。」
「へい、か……。」

背に届く声の温かさに胸を撫で下ろす。
僕の役目は、ここまで。
大好きな姉さんと、少し怖いけど優しい義兄さん。
僕の大切な家族。

一日遅れの七夕の宵。
年に一度だけ、家族みんなで夕餉を囲む。
そんな七夕があったっていい。
そう思うんだ。


«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

ありがたい。

サルベージ作業、ありがとうございますm(_ _)m。
あちらには、お伺い出来ず…←なんか敷居が高くて(笑)
あさ様には苦行でも私には極楽ですので、お続け下さい。ほら、苦行を積むと徳がつまれると申しますし←ドンナ!?
そのうち、あさ様菩薩様にでもなっちゃうかな~(笑)徳を積み過ぎて(笑)
私は息子の勉学に対する自覚を促す為、阿修羅観音を目指します(笑)

2015/08/19 (Wed) 17:19 | 行 #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

もう一度でも二度でも読めるのが嬉しいです(^^)
どのお話も二人が想い合うのがよく伝わってきます。
確かにSNSに入ってない方は読めないですものね。
私は図々しくも入っちゃってますけど^^;
でもこちらにはあさ様の世界が溢れているので、同じ話でも新しく感じますよ(^O^)

2015/08/19 (Wed) 18:45 | まるねこ #- | URL | 編集 | 返信

行さまへ

あちらの国は、常春の国。
たくさんの書き手様描き手様がひしめく、極楽浄土ですよ?
ささ、グリーンカードの申請を。
その後に待つのは紅珠先生もびっくりな、めくるめく世界。
さあどうぞ♪

…怪しげな勧誘だと我ながら思います。(笑)

菩薩様って、まだ修業中のお姿ですよね。
延々と続く読み返し作業。
修業なのか、そうなのか。
やめていい??

阿修羅像って美少年ですよね。
腕の細さに見惚れます。

2015/08/19 (Wed) 21:12 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

まるねこ様へ

嬉しい言葉、ありがとうございます。
いつもすいません。

私はSNSで書き始めたので、あまり認識していなかったのですが…。
あちらに入国されていない方も多いかと存じましてこちらにも。

それにしても、随分書いたなぁ。
良く続いているものだと我ながら呆れます。(笑)

2015/08/19 (Wed) 21:15 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

あれ?

私の阿修羅のイメージとしては…キン○マンのアシュラマン(笑)←ワカルカナ?だったので…美少年ナノか…あ!でも私腕は細く長いです(笑)サルっぽい(笑)
修行はお続け下さい( ̄∇ ̄)(笑)やめないで(笑)徳を積むのです(笑)
めくるめく極楽浄土への入国は何度も考えて躊躇っているのです(泣)自分の歯止めが利かなくなりそうで…(笑)。全部読みきるまで全ての生活機能を辞めてしまいそうな予感…(笑)

2015/08/19 (Wed) 21:51 | 行 #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

行さまへ

あちらの阿修羅でしたか(笑)
勿論わかりますよ?同世代!

極楽浄土。
確かに、全制覇するまで生活捨てちゃいそうです。
うん、分かる。

2015/08/20 (Thu) 05:50 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

こんにちは~ヽ(・∀・)ノ

なぜか呼ばれた気がして。←生活捨て気味なヒト

ほんとにねぇ、あちらはヤバイですね。それなりの覚悟が必要でした(´-ω-`)でも、入っちゃったら桃源郷(*≧∀≦*)bイェイ!

あさ様の常春を発見した時も、屍になりましたがね。眼と体は疲れても、頭はギンギンですからね(°▽°)脳内にナニかが出てる!

ここには、お釈迦様もいらっしゃる気がする…(´-人-`)徳、徳か…

2015/08/20 (Thu) 17:58 | RON #- | URL | 編集 | 返信

RON様へ

生活と妄想が切り離せない私ですが何か?←開き直った
二次妄想の世界って習慣性があると思います。
脳内麻薬万歳!

お釈迦様…。
解脱への道は遠いです。

2015/08/20 (Thu) 19:44 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント