2015_07
31
(Fri)21:29

お妃様の安眠 後編


こんばんは。
あさ、です。

勢いで書いておりますこのSS。
週末は忙しくて書けないでしょうから、今のうちに、と。
何も振り返らずに書きました!←読み返せよ
これから前編の直しやコメントへのお返事をさせて頂きます。

皆様。
一度は消したこのブログへのご訪問、ありがとうございます。
消したままだった方が良かったのか、否か。
その答えはきっとブログ運営を続ける中で見つかると思います。
つまり。
ダラダラ書き続けるということです。(笑)

それでは、皆様。
この先のSSは、R18です。
大人の方のみお進み下さい。

良い週末を!






*ご注意*
陛下が暴走してます。



【設定 本誌ネタバレ妄想】
《お妃様の安眠 後編》

「なぜこうも、甘い…?」

ぴちゃ。
薄く開いた唇に人差し指を挿しこむ。
熱い咥内。
反射で絡みつく舌の可愛らしさに笑みが零れる。

ずるっと引き抜けば銀糸が伝う。

「甘露、だな。」

濡れた指先をぺろりと舐めて、黎翔は愛しい妃を寝台に寝かせた。

ぴくりともせず眠る、夕鈴。
緩やかに上下する胸がなんとも艶めかしい。

「ゆっくり、眠っていてね。」

きゅっ、と絹が鳴って。
夜着の帯がはらりと解けた。

「ああ、見事だな。」

いつもは恥ずかしがって見せてくれない、裸身。
どれほど追い詰めて鳴かせても羞恥を捨てきれない夕鈴が、今。

「綺麗だよ、夕鈴。」

眼前ですべてを晒している。

真珠のように輝く乳房。
愛撫を待つ薄紅色の乳首。
何とも言えない曲線美を見せる、腰。
柔らかな腹部を目で追えば、淡い茂みが。

ごくり、と喉が鳴る。
いくら貪っても飽き足りない。
もっともっと、欲しくなる。

「無茶はしないから。起こさないようにするから。」

自分に言い聞かせて。
黎翔は柔らかな太腿に手をかけた。


「ああ、よく見える。」

夕鈴の腰の下に枕を入れ、高く掲げる。
秘所が上を向いて、明かりに照らされる形になる。

「桃みたいだ。」

熟れた桃の実と同じ色の秘所。
果実のような花弁を指でなぞり、少しずつ濡れていくのを待つ。

「ん、う。」

ふいに夕鈴が身じろいだ。

起こしたか?!
ぴたりと指が止まる。
もぞもぞと膝を閉じる夕鈴。
黎翔の手を挟んだまま、再び眠りに落ちた。

「……香が切れたかな。」

起きなくてよかった。
黎翔はほっと息を吐きながら、空いた手を懐に入れる。

「少し、増やすか。」

害はない薬。
深い眠りを約束するだけ。
疲れている妃に安眠を。

香炉に薬草が置かれ、さらに香が濃くなる。
夕鈴の眠りが深くなり、黎翔の笑みも深まる。

「眠っていても感じやすいな。」

閉じられた膝を再び開き、秘所に貪り付く。
花弁を舐め回し、舌を挿しこむ。
溢れてくる蜜を啜り上げながら、膨らみ始めた花芽を指先で転がして。
ひくひくと震えて快楽を伝え始めたナカの熱を上げていく。

「ん…ん…。」
「おやすみ、夕鈴。」

眠ったまま頬を染める夕鈴。
出来るだけ優しい声で宥めてやる。

「力を抜いて、ね。」

ぐったりと脱力した身体。
その中心にはち切れんばかりに膨れ上がった自身を飲み込ませた。

「くっ、やわらかいっ。」

ずずっ、とゆっくり挿入して、ギリギリまで引き抜く。
ねっちりと絡みつく夕鈴のナカがさらに溢れ出した蜜で滑り出す。

「激しくはっ、したくないんだけ…どっ!」

止まらない。

真っ赤な顔の夕鈴。
切なげに寄せられた眉と開いた唇。
そこから見える紅い舌が何かを求めて蠢く様子に、黎翔の箍が飛んだ。

「ん、くはっ、」

息が止まりそうになるほど舌を追いかける。
どれほど味わっても味わいきれない夕鈴の咥内。
自分の唾液と夕鈴のそれが混ざりあって欲が煽られていく。

「苦しいよね、ごめん。」

目を瞑ったまま息を荒げる夕鈴の肩を撫でて詫びるが、もう止まらない。
これほどの事をしても目覚めぬ彼女をもっと探りたくなる。

「ここ、好きだよね。」

ぐっ、と腰を押し付けて奥を暴く。
回しながら花芽を弄ると蜜が吹き出し夕鈴の身体ががくがくと震えて。

「いっちゃったね。」

滴る蜜を手のひらで伸ばし、臀部へ。
まだ触れさせてもらえない後ろの蕾に指先を滑り込ませた。

「気持いいんだね、夕鈴。」

指の動きに合わせて、まだ貫いたままの自身が締め上げられる。
少しずつ奥を目指して進む指。

「は、あ……。」

可愛らしい唇から甘い寝息が零れて、黎翔の口角が上がる。

「前と後ろ、どっちも僕だよ。」

ぬるぬると出入りする自身と、控えめに進んでいく指。
始めは頑なだった蕾が徐々に緩み始め、指が増えていく。

「ぐちょぐちょ。可愛いなあ。」

絶え間なく蜜をあふれさせる秘所と、とろとろに蕩けた蕾。
黎翔は名残惜しげに自身を引き抜き、蕾にそれを押し当てた。

「ごめんね、挿れさせて。」
「ん、う、」

めり込むように飲み込まれていく黎翔のそれ。
秘所とはまた違う感触が自身から伝わり、黎翔の背を背徳の快楽がぞくりと這い上がる。
これで全部、手に入れた。

「前もさみしいよね。」

きゅっと花芽を摘まむと夕鈴がびくんと跳ねる。
花弁に指を挿しこむと待っていたように絡みつかれて血が滾った。

「あ、ああ…ゆうりんっ、どっちで出してほしい?」
「ん、ん…ん、」

眠りながら喘ぐ、夕鈴。
細い指が敷布を掴み、足先が助けを求めるように泳ぐ。

「いいよ、どっちにもあげるから…夕鈴は、寝ていてね。」
「ぁ、ん…ん、」

お妃様に安眠が訪れる日は、遠い。







C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/07/31 (Fri) 21:59 | # | | 編集 | 返信

やっぱりなぁ(≧▽≦)陛下大暴走(笑)後ろに入れたのそのまま前にいれたらダメですよ~( ´艸`)←ナンノ警告!?某所でキワモノやり取りが収まらず(笑)その暴走のままコメント入れてて…( ̄∇ ̄)あさ様に引かれないか心配σ(^◇^;)
あ!ちなみに私はさくらぱん様のリンクからたどり着いて来ました←ストーカー(爆)
見つけられて本当に本っっ当に嬉しかった♡♡♡♡♡(〃▽〃)鼻血陛下も見つけられたら良いのに……。(泣)

2015/07/31 (Fri) 23:01 | 行 #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

ひゃ~~~~、どこまでだ!(笑)
いえ、もうニマニマしてる怪しい輩は私です。

私もあさ様のお話が読めて本当にうれしいです。

大暴走陛下も好き←一緒にしたらだめぢゃん。
もちろんまっくろけっけも好きですよ~

2015/07/31 (Fri) 23:35 | くみ #17ClnxRY | URL | 編集 | 返信

復活して下さってすごいほっとしてますよ~><
ゆっくりでも良いので書き続けて下さったら嬉しいですvv

そして今回のSSもヒドイ陛下を堪能v休ませてあげようよ(笑)
夕鈴が朝起きた後の反応が見てみたーい

2015/08/01 (Sat) 07:29 | 空 #jooVpO96 | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/01 (Sat) 20:25 | # | | 編集 | 返信

ふじ兎さまへ

教えて下さってありがとうございます。
本当だ…検索ってすごい。(笑)

ちょっと陛下を暴走させ過ぎました。
そのおかげで夕鈴が出て行ってしまって、私が困っております。
さて、どうしましょう。←


2015/08/03 (Mon) 13:55 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

行さまへ

なるほど。
そのままはダメ、と。
入れ替える時は清潔にしてからなんですねっ。
勉強になります。(笑)

行さまはリンクからお越しに。
ありがとうございます。
リンクを含めその他、少しずつ体裁を整えて行けたらと思っておりますので、これからも宜しくお願い致します。

2015/08/03 (Mon) 13:57 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

くみ様へ

どこまでも、ですよ。ふふ。
私なんぞが書くSSで楽しんで頂けるのなら、嬉しい限りです。
脳内の妄想をアウトプットしているだけのブログですが、宜しいでしょうか。(笑)

真っ黒陛下。
今回あたり登場するかもしれません。

2015/08/03 (Mon) 14:00 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

空さまへ

削除した際は驚かせてしまって申し訳ありませんでした。
嫌ですよね、あのエラー画面。
「あー…」ってなります。
すみませんでした。

今回の陛下も大暴走ですが、お楽しみ頂ければ幸いです!

2015/08/03 (Mon) 14:01 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

Mii様へ

初めまして。
拍手ボタンを押して下さってありがとうございます。
拍手は一記事につきお一人様一日一回しか押せませんし、押すのは手間だと知っております。
それでもぽちっとして頂ける事が本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
リンク先様からのご訪問もありがとうございます。
そして。
社会復帰おめでとうございます!
東京の西から都心へとなると…混みますよね(笑)
熱さに負けず頑張りましょうね。


2015/08/03 (Mon) 14:05 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

また、はじめて頂いて本当に嬉しいです。
あさ様のペースで、ゆっくり楽しんでください。私は、それを楽しみます。

2015/08/03 (Mon) 21:52 | なおかざ #- | URL | 編集 | 返信

なおかざ様へ

ありがとうございます。
楽しみながら続けて行けたらと思っております。

2015/08/04 (Tue) 22:06 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント