2010_05
20
(Thu)11:09

狼陛下の秘密の湯殿

王のための湯殿は、いつでも使用できるようになっている。
それは早朝とて例外ではなく、白い湯けむりが黎翔を出迎えた。
だが今の黎翔に必要なのは、湯ではない。

「水が効くんだよね?」

ようやく落ち着きを見せ始めたとはいえ、未だ天を向きそそり立つ自身。
これを落ち着けなくては朝議どころではないし、この後の宴で平静を保つ自信がない。

宴。
久し振りに妃として登場する夕鈴。
李順が腕によりをかけて飾ると言っていた。
あまり華美な装いを好まぬ彼女だが、今日は少し違う。
華やかな色味の衣装。
大きく開けた襟元からは、先程付けた寵愛の印が見え隠れするだろう。

甘くて滑らかな肌。
すべすべのつやつや。
ちゅっと吸い上げた時の柔らかさと言ったら、想像以上で。

「…くっ、」

ますます、疼く。

何をやっているんだ私は。
今日の宴が終われば、婚儀なんだ。
婚儀の時に夕鈴が纏う花嫁の衣装は、彼女らしく清楚に。
生花が似合う彼女の為に、花園から花を集めよう。
きっと匂い立つように美しいだろう。

匂い…匂い立つ夕鈴の香り。
そう。
先程彼女の花弁に侵入を果たした、指。
そうっと鼻先に近づけて息を吸い込む。

「――――っ、」

ああ、なんて…。
腰の奥がずくんと鳴く。
とろとろと溢れ出す蜜で濡れた花弁も、ぷっくりと膨らんだ花芽も。
僕の舌が這いまわるたびに上がる可愛らしい喘ぎ声も。
ぎゅっと握って離してくれなかった、手も。
本当に、愛しかった。

…手。
そうだ。
この、夕鈴の香りがする手、で。
―――触れたら。

「うっ、くっ、」

ゆっくりと上下させる。
力加減は、そう。
彼女が握ってくれたくらいの強さ。

「っ、あ…っ!」

さっきの感触が蘇って。
あの柔らかな小さい手が僕を愛してくれている、そんな錯覚を覚える。
くちゅっ、と先走る透明の液。
粘つきのあるそれは、夕鈴の手にも触れたはずだ。

僕の出したものが、夕鈴の手に。

「っ――――っ!!」

頭の中に火花が散って。
夥しい量の液体が迸る。

「っ、っ…あ、」

こんな姿、絶対に。

「夕鈴には、見せられない…。」

珀黎翔、21歳。
ようやく処理の仕方を覚えた彼に、眩い朝日が降り注ぐ。

C.O.M.M.E.N.T

すみません…膝を叩いて笑って良いですか!?(笑)陛下、中学男子並み( ´艸`)これから、びーえるのほうに行って来ます(笑)

2015/05/20 (Wed) 15:35 | 行 #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

(∩´∀`∩)

まあ!はぢめてだったのね!
まあ!まあ!まあ!
∑(´゚ω゚`;)ハッ!!!!
知って、いる。処理の仕方・・・。
り、り、りじ李順さんも・・・・・・・・・・・・。
(*´ノi`)・:∴・:∴・:∴・:∴
(*´ノi`)・:∴・:∴・:∴・:∴
(*´ノi`)・:∴・:∴・:∴・:∴
(;//́Д/̀/)ハァハァ
おかわり下さい!!

2015/05/20 (Wed) 15:38 | 羽梨 #- | URL | 編集 | 返信

まぁ・・・・陛下。
もう!!
でも一人では寂しいですよね。
しかし、それもこれが最初で最後のはず。
だってこれからは花嫁が~~~~~ですものね。
美味しいSS、有り難うございます!!!
今日もいい日だわ。

2015/05/20 (Wed) 16:10 | 瓔悠 #- | URL | 編集 | 返信

ワハハ

いえ、すみません、大笑い致しました。
陛下、可愛い。
おばさん、のぞ←以下自粛
あっ、決して変態ではありません、
21歳青年、青春ですわね。

2015/05/20 (Wed) 17:40 | くみ #17ClnxRY | URL | 編集 | 返信

行さまへ

ええ、笑って頂けて本望です。
陛下ってきっと自己処理しなくてもいいじゃないですか。
相手は山ほどいるだろうし。
だからきっと、ねぇ。
ほら。(笑)
もう一方に行かれる際はくれぐれもお気をつけて!
ご無事のお帰りをお祈り申し上げます。

2015/05/20 (Wed) 18:59 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

羽梨さまへ

さすが羽梨さま。
よくお気づきに。
そう、処理なさってるんですよあの方も。
だって知ってることはさあっ!そうだよね?!
い、いつどこで処理なさってるんだろう。
ねえ、どこだと思う?!

2015/05/20 (Wed) 19:00 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

瓔悠さまへ

そう、これからはお嫁さんに注げば!
もう、何を言わすの瓔悠さま。

2015/05/20 (Wed) 19:06 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

くみ様へ

ああ、お進みに…。
笑って頂けてよかったです。
ドン引きされるかと。
なぜ皆さま覗きたがるのか。
覗いたら書かなきゃいけないんですよー?(笑)

2015/05/20 (Wed) 19:10 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

覗いたら書かなきゃいけないので書いて行きます(笑)
っていうか笑えます!ほんとに中坊みたい\(≧∇≦)
そうだよねぇ。自分でしなくても相手はよりどりみどり…
もうこれからはかわいい兎さんがいつでもいるから大丈夫だよ。
陛下かわいい。
もう一つの方に行ってくるべきか…さてどうしようかな

2015/05/20 (Wed) 19:32 | まるねこ #- | URL | 編集 | 返信

まるねこ様へ

迷ったら行かないのが正解ですよ?
ほんとにBLなので。
お勧めしませんっ。

2015/05/20 (Wed) 19:36 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

もうおばさまもう興・奮♪/////←ピー自重しろ。
陛下可愛いな可愛いな~。
両方読めて満足です。←先に李順さん読んだ人♪

2015/05/21 (Thu) 14:10 | 宇佐美 #- | URL | 編集 | 返信

宇佐美さまへ

まあ、宇佐美さま。
あちらから先に行かれたんですね?
さすがです。(笑)
可愛らしい陛下を書いてみました。←

2015/05/21 (Thu) 16:40 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック