2015_04
24
(Fri)14:55

LaLa6月号70話ネタバレ妄想SS

今日に限って、時間がありませんっ。
でも、気合で本誌をゲットしました。

そして今、大急ぎで書いたのがこれです。
読んだばかりの感想妄想SSでございます。
ああ、もう時間がないっ。
まだ全然書き切れてないー!
また書きますね。
お付き合い頂けると嬉しいです。

とりあえず、一発目のネタバレ妄想SSです。
もし宜しければ。

あ、ネタバレ注意です!
【LaLa6月号70話ネタバレ妄想SS】




いつだって君は。
僕に未来をくれる。





「お帰りなさいませ陛下!」

さあ来い、と言わんばかりに僕を迎える君。
ぎゅっと握りしめた拳と、真っ赤な頬。
しっかりと瞑った目と花の香りが僕に差し出される。

「…い、今のでおわりました…?」

終わってない、全然終わってないよ?
これから始まるんだから。
僕と君は。

いつも予想外な君が僕にくれたものは、計り知れない。
無邪気に兄を慕う弟。
落胆したその母。
妙に面白い闇商人に至っては、辺境時代以来の楽しい『戦』を味あわせてくれた。

夕鈴。
君は僕に未来をくれる。
『狼陛下』を演じ切ろうと思っていた私を、『王』に変える。


「お帰りなさいませ、陛下!」

今日も明日も、そのずっとずっと、先も。
君は僕のそばにいる。

今日まで、明日まで、明後日まで、と。
日を区切り時間を区切り別れを準備していたあの頃とは違う。
あと少し、あと一日、あと一刻。
そんな風に別れを引き延ばしていたあの日々は、もう。

終わったんだ。

これが最後と思いながら、「おやすみ」を言って。
これでお終いだと覚悟を決めて、「おはよう」と言う。
今度こそ、今度こそ、と、迷い続けたあの日々は。
今の僕たちに繋がっている。

夕鈴。
君の目に映る世界を、僕も見たい。
君が僕の世界に飛び込んできたのと同じように、今度は、僕が。
君が紡いでくれた知らない未来に、踏み出してみよう。

君の為に、僕の為に。
この国の未来の為に。

――――僕たちの為に。

C.O.M.M.E.N.T

せっかく一番拍手getしたのに、その場でコメント出来ず。゚(゚´Д`゚)゚。やっと家事、明日の仕込みが終わりました(^_^)V本誌で読めない幕間を…いや!あさ様の妄想をお待ち致しております(笑)
最近、外部活のシーズン突入して毎週長男大会漬け…疲労困憊の私に萌えというパワーを下さいね~(笑)

2015/04/24 (Fri) 21:31 | 行 #jxT87rSU | URL | 編集 | 返信

行さまへ

お疲れ様です。
土日も休めませんね、ほんとに。
疲れた…。

2015/04/26 (Sun) 14:10 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック