2015_04
19
(Sun)21:40

無音7

コメント、ありがとうございます。
嬉しいです。
お返事は落ち着いてからさせて頂きますね!
どうしても土日はバタバタしてしまって…。

少しだけ続きを書きました。
注意書きを致します。
このSSでは、夕鈴の耳が聞こえなくなります
少しだけ未来のお話です。

それでは、もし宜しければ。
【設定 本誌ネタバレ 少しだけ未来 】
《無音7》





「この程度でこのザマか。大した『忠臣』だな。」

腹の底から込み上げる、暗い微笑み。

「なあ?」

ぞくり、と。
快感にも似た嗜虐心が背筋を這い上がる。

さあ、どうしてやろうか。
夕鈴を思うさまいたぶってくれたこの男に相応しい、痛みと苦しみを。
どこまでも清らかな我が妃を侮辱したこの男が得るべき、恐怖を。

ゆっくり針を刺してやろうか、その眼球に。
蝋を垂らし火を灯してやろうか、その頭髪に。
眠らせず、少しずつ狂わせて。
分からせてやろうか、己が何をしたのかを。

「ぁ、あぁ、ああああ……、」

涎を垂らし股間を濡らしたかつての高官。
意識を失う直前の虜囚を救ったのは。

「後宮管理人より、使いが参りました。」

表情のない、牢番の声だった。

ぱっ、と男から手を離し去っていく黎翔。
その後姿を見送った牢番は、隙のない身のこなしで男に向き直る。
餞別を与えるために。

「―――もう、楽に死ねると思わない方がいいぞ?一刻も早く気が狂うよう、願うんだな。」

それは、獲物への餞。
狼の逆鱗に触れた者への、せめてもの憐み。
現実を教える、言葉。







「陛下。」
「どんな様子だ。」

飛ぶような速度で現れた黎翔の前に跪拝する張元。
皺を深めて微笑むその顔に、黎翔は少しだけ安堵する。

「お妃様が、お目覚めに……耳はまだ回復なさいませんが、とりあえずの峠は越えられたかと。」
「そう、か。」

ほうっ、と息を吐いて屈みこむ黎翔。
しばし蹲り、呼吸を整えた。
ほんの少しの沈黙。
張元は頭を垂れたまま、王の言葉を待った。

「……夕鈴の様子は?聴力は、戻るのか。」

ゆっくりと立ち上がりながら問う、黎翔。
涙のにじむ眼を見ぬ様に顔を上げ、張元が答える。

「戸惑っておいででしたが今は落ち着かれました。聴力は遠からず戻るかと。」
「分かった、ご苦労。」

ゆっくりと深呼吸をして。

「夕鈴、入るよ。」

黎翔は自室の扉を開ける。
ふわり、と。
何とも言えぬ柔らかな温もりと和やかな香が、黎翔を迎えた。


夕鈴。
君がいるだけで、これだ。


「お帰りなさい、陛下。」

首に撒いた包帯が痛々しい夕鈴が、僕を迎える。
囁くような声なのは、声量の調節ができないからだろう。

「ただいま、夕鈴。」

ゆっくりと唇を動かして、君に伝える。

「愛してる。」

丸くなる茶色の瞳と、染まる頬。
どうやら何と言われたのか分かったらしい。

「ごめんね。」

途端に、夕鈴の表情が曇った。

「あやまらないで、陛下。」

ちいさなちいさな、声。

「陛下は何も悪くないじゃないですか。悪いのは、あの男でしょう?」
「……うん、でも。」
「陛下のせいじゃ、ありませんよ?」

うん。
でも。

君を失いかけた。

情けなく震える手を伸ばして、夕鈴を抱き締める。
失いかけたものの大きさに怯え震える心が悲鳴を上げる。

「怖かった……怖かったんだ、君がいなくなったらと思うと、怖くて、怖くて。」
「陛下、なんて?……聞こえないの。」

戸惑う夕鈴。
腕の中にすっぽりと収まってしまうほど小さな君は、僕の全て。

「もう少しだけ、このままで。」
「……へいか?」

抱き締め返してくれる細い腕に、深い安堵を覚えながら。
しばしの静寂に身を任せた。
無音8   
«  HOME  »
  無音6

C.O.M.M.E.N.T

…夕鈴はもはや陛下の命そのものですからねぇ。
陛下、怖かったでしょうね。
まだ耳は聞こえてないけど、目覚めて良かった。
∪´・ω・`∪ ウンウン

2015/04/20 (Mon) 00:13 | 桃月 #- | URL | 編集 | 返信

陛下の怒りと怖れが伝わります。
良かったね、夕鈴が戻ってきて。
大事に大事にしなきゃね。
むさぼっ……あっ、いや自粛します。←
ずびばぜん(^^;;

2015/04/20 (Mon) 08:48 | くみ #17ClnxRY | URL | 編集 | 返信

桃月さまへ

怖かったでしょうね、陛下。
でも、どんなに怖くてもやらなきゃいけない事がありますから頑張ってます。
陛下夕鈴。
それぞれの踏ん張りが書けたらよいのですが。
無理っぽいです。(笑)

2015/04/20 (Mon) 10:55 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

くみ様へ

ふふ、分かります。
ついそちらに流れてしまう脳内を軌道修正しつつ書いてますので。(笑)
いつまで持つか。←

2015/04/20 (Mon) 10:57 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック