2015_03
14
(Sat)00:34

再会2

いつの間にか日付が変わってる。
あれ?
どうして?

明日は宴なのに。
豪華メンバーと宴なのに。
幹事は私なのに。

寝不足だと酔いが回りやすいですよね。
失礼な事をしない様に気を付けよう、うん。


たくさんのコメント、ありがとうございます。
嬉しく拝読しております。
これからお返事申しげますね。

本当に、ありがとうございます。

「再会」。
夕鈴のターンです。

あさ
【設定 離婚後】
《再会2》


忘れられるわけ、ない。
そんな事は分かっていたのに、私は目を背け続けた。

何も考えなくてすむほど忙しい日常。
いつもと変わらぬ下町の人達。
時々様子を伺いに来る、几鍔。
折に触れて嫁入り話を蒸し返すおばば様。

みんな、優しい。

「陛下。」

どうしてあんな口づけ、したの?
あんな事されたら私、忘れる事なんてできない。

冷たく突き放して欲しかった。
臨時花嫁を解雇する、と。
もう必要ない、と。
切り捨てて、くれたら。

忘れ、られた?

「陛下。」

ううん。
やっぱり忘れらるはずなんて、ない。
だって私は知っているから。
この想いが陛下に届く日なんて来ない、って。
叶う事などない恋だって、始めから分かっているから。

「陛下。」

ただ、陛下が好きなの。
大切なの。
独りになって欲しくないの。
私の、この手で。
貴方を温めたいの。

「陛下。」

味方です、って。
どこにいても味方です、って。
私は、決めたんだから。



「お妃様、本当に行かれるのですか?」

行くに決まってるじゃない。

「やはり我々に任せて頂いて紅珠と留守番の方が…。」

いやよ。
私は役に立ちたいの。
陛下の力になりたいの。
陛下の味方でいたいの。

「妓館で密会!?潜入捜査どんと来いですよ。」

陛下を、守りたいの。

―――――陛下。
いつかあなたと再会する、その日には。
胸を張っていたいから。

陛下が好きです。
大好きです、って。
愛して、います、って。
真っ直ぐに伝えたいから。

「必ずやっ、とっ捕まえますよ、闇商人!」

私の知らない、貴方の闇。
それは怖くて悲しい、暗い世界。
陛下が私に見せようとしなかったそれをほんの少しだけ知った、今の私は。
少し、貴方に近づけたと思うの。

さあ、汀夕鈴。
行くわよ。

あの人のために。
優しくて強くて、寂しがりな。

「陛下。」

貴方のために。
再会3   
«  HOME  »
  再会1

C.O.M.M.E.N.T

No title

いつも素敵な話をありがとうございます
色々諸々頑張ってください!!
何度でも同じ設定でもうれしい読者の端くれです。
遠くてお目にかかる事適いませんがいつでも応援しています
PCダメになって泣いてたら娘がタブレット貸してくれました。でもなかなか使えないでいま未だガラケイ。アナログな私。
メール設定出来ない。通販したいのに…
とりあえずまとめ読み叶いました。感謝と応援をお届けします

2015/03/14 (Sat) 01:23 | らっきい #- | URL | 編集 | 返信

ふたり

幻を見つめる陛下がせつなくて胸がぎゅーとなりました。あささんの作品、すべてのカラー、好きです!!

2015/03/14 (Sat) 01:23 | 萌葱 #- | URL | 編集 | 返信

らっきい様へ

お久し振りです、お元気でしょうか?
PC壊れたんですかっ。それは大変!
タブレットも便利ですがやはりPCでないと不安な部分もありますよね。
そんなアナログな私です。(笑)
通販開始までにタブレットマスターになって下さい!←無茶な
応援ありがとうございます。
嬉しいです。

2015/03/14 (Sat) 11:41 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

萌葱さまへ

ありがとうございます。
陛下を溺愛しておりますので、陛下を書いていると私まで切なくなります。
拙いお話ばかりですが、好きと仰って頂けて本当に嬉しいです。

2015/03/14 (Sat) 11:42 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック