2015_02
27
(Fri)11:01

LaLa4月号68話ネタバレ妄想SS「初夜」後編

こんにちは。
あさ、です。

「日も高いうちから何を書いてるの?」

という正しい突っ込みはどうかご容赦くださいませ。
いや、日が落ちたら書いていいっていうものじゃないですが。

ここから先はR18です。
大人の方のみお進み下さい。



あさ
【LaLa4月号68話ネタバレ妄想SS「初夜」後編】



絹の敷布に泳ぐ夕鈴。
潤んだ瞳と染まる頬。
貪るような口づけで少し赤みを増した唇からのぞくのは、小さな赤い舌。

「ああああっ!」

初めての感覚に酔う、君。
嬌声と呼ぶにふさわしいそれは、だが、清らかで。
天女を犯しているような錯覚に陥った。

足りない。
足りないんだ、夕鈴。

「んっ、あっ、あっ。」
「まだ、もう少し。」

乳白色の肌を愛でる。
目で犯し、手で触れる。
なだらかでふくよかな乳房。
円やかな甘さに満ちたそれを、この手で掴んだ。

「んっ。」

ぴくんっ、と跳ねる天女の身体。
それにつられてさらりと流れる夕鈴の髪。
立ち上る花の香りと、擦り合された膝の奥から聞こえる微かな水音と。

「やっ、たりないの、へいか。」

僕を求める、君の声。

「っ!」

これはもう、君が悪い。
絶対に、君のせいだ。
愛しすぎる君のせいだ。

「満たして、いい?」
「っ、ん。」

こくり、と頷く夕鈴。
絶対にその意味など分かっていない夕鈴。
穢れなく清らかな君を、僕だけのものに。

奪わせて。



「あっ⁈」

不意に視界から消えた陛下。
驚いた拍子に、両脚を持ち上げられた。

「きゃぁっ!」
「……。」

ぐいっと持ち上げられて、抑え込まれる。
身動きが出来ない。

「陛下⁈」
「夕鈴、僕を感じて。」

ふぅっ、とかかる陛下の吐息。
自分でも見た事のない場所に、陛下の顔がある。

「やっ、だめ!」
「だめじゃない。」

にやりと笑った陛下は、狼陛下。
ゆっくりと唇を開いた陛下の舌が、私に届いた。

「っ!」
「甘い。」

くちゅ、と自分から音がする。
恥ずかしくて気が遠くなる。
陛下の熱い舌が私のそこをゆっくりと舐めて、陛下の綺麗な顔がそこに埋まる。

「とろとろ、してる。」
「やぁっ!」

私の中を探りながら嬉しげに囁く陛下。
やめて。
耳元で囁かれるだけで腰が抜けるのに、そんな所でだなんて。
おかしく、なる。

「そこで話さない…んっ!」
「あ、ひくんってなった。ここ、気持ちいい?」
「あ、あっ!」

ずるり、と。
舌が入り込む。
ぐにぐにと掻き分けるように私を探り、満たす。

「あ、あ、あ…。」
「きゅっ、ってしてる。」

ちゅぷちゅぷと舌を挿し込みながら陛下が微笑む。
視線を合わせると、朱い舌が唇を舐めるところで。

「美味しい。」
「っ!」
「もっと。」

羞恥に逃げ出した私の腰を、陛下が引き寄せた。

「っ、なに?」
「…あ。」

良く見えないけど、何かがあたる。
硬くて熱い…これは、なに?

「陛下、どこか腫れて、る?」
「あ、ちがっ、」

ひょっとしたら、あの妓館での騒動で怪我をしていたのかもしれない。
陛下、痛いのに我慢してるのかも。

「見せて下さいっ。」
「だ、ちょっ、そこはっ!」

がばっと起き上がり、私のお尻にあたっていたそれを。
それ、を……。

「う、あっ!」
「…え?」

掴んでしまった。

「えっ、と…あの。」
「夕鈴って、積極的なんだね。」

違います。
そう言いたいけど声が出ない。

「僕としては、とっても嬉しいけど。」

頬を染め、片手で顔を覆う陛下。
勘違いされてるっ。
っていうか、コレって、その、

「きゃああああっ!」
「だめ。君が悪い。」

パッと手を開く前に抑え込まれる。
そのまま掴まされて上下に動かされて。
私の手の中で、陛下のそれが踊る。
びくびくと、脈打ちながら。

「くっ…は、ぁ、ゆうりん、ゆうりん…っ。」

徐々に上がっていく、陛下の息。
硬いそれの先端。
こりっとしたところに手が当たると、陛下のそれがもっと硬くなって、太くなる。

「っ、あっ。」

気持ちいいの?陛下。
確認したくて、顔を上げた。

「へいか、」
「くぅっ、ごめん、夕鈴…もう、限界。」

愛してる。
そう囁かれたのが、始まり。
私達の初めての夜の、始まり。

ここから先は、私と陛下の秘密の夜。
幸せを編んで作った、私と陛下の愛の檻。

最初で最後の、初夜。
ふたりだけの、初夜。

C.O.M.M.E.N.T

こんにちは~
秘密ですか…秘密…と思ってしまいました(笑)
今月号のラスト2ページ目の陛下の顔が浮かびます!すごく男の色気?みたいなのが出てるあの顔!!

2015/02/27 (Fri) 12:12 | 雛 #- | URL | 編集 | 返信

べんべんべんべんべんべんべんべん←
∪ノシ>ω<∪ノシ ←ナニモイエナイ♡

2015/02/27 (Fri) 12:34 | 桃月 #- | URL | 編集 | 返信

雛さまへ

そう!
あの陛下のお顔!!
取り出して持ち歩きたい!←
ああ、いいですよね本誌。
どうやったらいつでも本誌を読んでいられるんでしょうか。
真剣に悩んでます。←病んでる

2015/02/27 (Fri) 12:36 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

桃月さまへ

お粗末様でした♪
プチでは宜しくお願いしますね。

2015/02/27 (Fri) 12:37 | あさ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック