2015_06
16
(Tue)15:49

影宵 1

昨日は温かいコメントの数々、ありがとうございます。
お返事を、と思ってはいるのですが、細切れにSS書くのが精一杯で。
(ノД`)・゜・。
のろのろ更新ですいません。
コメントへのお返事も遅くてですね。
申し訳なく思っております。
ごめんなさい。
次に痛みが引いたらコメントへのお返事からさせて頂きます!

今作っている本は、大好きな絵師さまと一緒に作っているんです。
描くのは表紙のみだったはずが私の超ワガママにより各話の扉絵まで描くはめになった慎さま。
一枚や二枚じゃありません。
六話から構成される今回の本。
つまり私は六枚もの扉絵を要求した、と。
酷い話です。
厚かましいという言葉は私の為にあるんですよ。
ふはは。←遠慮しろ
慎さま、本当にありがとうございます。
私も頑張ります。←当たり前


今回のSSも、いつも通り見切り発車です。
ここから先どうなるのかは、私にもわかりません。
ちょっと暗いお話、かな?
どうなるかは陛下次第でございます。(笑)

なんでもいいよ、大丈夫!
と仰って下さる方のみ、お進み下さいませ。

それでは、また。

続きを読む »

2015_06
17
(Wed)18:51

影宵 2

こんばんは。

タイムアップですので、書けたところまでUP致します。
一回も読み返してません。(笑)
何でも大丈夫な方のみお進みを!


ぎゃーっ!時間ないっ!

続きを読む »

2015_06
18
(Thu)20:00

影宵 3

この度のSS「影宵」。
ふと思いついたネタから発生したものです。
あり得ない設定で書いております。
ここまで崩していいのかと、ドキドキです。
取り返しがつかない事を書かないように自制しながら頑張ります。
一歩間違えると公開不可になるこのSS。
全ては陛下次第です。

陛下。
お願いです。
頑張って下さい。
多少の無理は許容です!
早く動いてー!

いつもこんな感じでSS書いてるんですよー。
行き当たりばったりも程々にしようと反省はすれども悪癖は治りません。
でも、原稿はちゃんと考えて書いてますよ!
本当ですよ!
あとから付け足したり穴埋めしたりなんて!
し、して・・・・・。
してます。ごめんなさい。

それでは。
何でも大丈夫な方は、どうぞこの先へお進み下さい。
いってらっしゃいませ。

続きを読む »

2015_06
19
(Fri)22:29

影宵 4

この度のSS「影宵」。
少し書き足りない気もしますが、これで最終話です。
これ以上書くと公開不可な世界に行ってしまいますので。(笑)

それでは、また。

続きを読む »