2030_02
12
(Tue)18:49

初めまして

初めまして。
あさ、と申します。
こちらは、白陽国の王様と臨時/花嫁への溢れる妄想を綴ったSSの書庫ブログです。
原作とはかけ離れておりますこと、ご了承ください。

*原作者様、出版社様とは何の関係もございません。
*二次/創作のお話ですが、著作権は管理人に属します。
*個人でお楽しみいただく以外の無断転載はご遠慮下さい。
*リンク頂く際はご一報下さると嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

あさ

2013.2.12 (2017.04.11改訂)

2017_05
12
(Fri)20:48

微睡み


ドラマCDと共に通勤電車に揺られるのが至福だったりする、あさです。
一時間なんて全く苦になりませんね。
違和感だなんだも最初はあったのかもしれませんが今では全く気になりせん。
陛下がしゃべってる!
夕鈴がきゃぴきゃぴしてる!
浩大が声も若い!
そして李順さんっ。
すべてを持っていくあのイケボ。
私が思い描いていた李順さんがここにいらっしゃる……!
いやもちろん陛下も鼻血ものですがセバス好きとしては相乗効果というかハデス様だしああコレットの原稿まだすすんでないけど李順さんツボすぎて脳内萌えメーターがげn(黙れ

すいません、そろそろ黙ります。

ものすごーく短い短い短いSSを追記に畳んでおきますね。
全ネタバレ前提という、親切心の欠片もないSSですwww

続きを読む »

2017_05
11
(Thu)18:34

書庫化解除

こんばんは。
あさ、です。

うさみみ!とか叫んでいるだけの記事に拍手をくださった方々や、日々お越し下さる皆様。
心から御礼申し上げます。

ありがとうございます。

来月から生活環境が少々変わる予定です。
フルタイム勤務です。
大丈夫か私。
いや、大丈夫だ、私。(暗示)

ブログをお休みさせていただいているおかげで、だいぶ元気が出てまいりました。
やはり書き過ぎだったようです。(自業自得)
無理して書くのは宜しくないと改めて悟りました。
私がここにこうして在る事が私の願いに繋がればいいと思いつつ、書庫化解除です。

……まだ書けてませんが。(書けよ)

それでは、皆さま。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


あさ





2017_05
02
(Tue)18:45

う、わ、

特装版ー!
お久しぶりです、あさです。
特装版ー!

とりあえず落ち着け私。
う、うさ、うさみみ…!←

書庫で叫ぶなよ私。
2017_04
17
(Mon)20:48

苦笑

続きを読む »

2017_04
07
(Fri)21:31

怖れ

続きを読む »

2017_04
06
(Thu)22:05

桜恋謡は愛を囁く 6


前話【桜恋謡は愛を囁く・5】 はこちら

こんばんは。
あさ、です。
リレー、私のターンなんですがね?
せっかくの素敵な雰囲気を私のターンでぶち壊している自覚はあるんですごめんなさい。
今回はR18まで入ってしまうという。(反省しろ
と、言うわけで。(どんなだ

ここから先はR18を含みます。
途中で注意書きが入りますので、18歳以下(学生を含む)の方はそこまででお願いします。
あーるな部分を読まずともお話には全く影響ございません!
それなのになぜ書いたのか。
それは勢いというやつです(笑)

では、もし宜しければ。

続きを読む »

2017_04
04
(Tue)22:45


もうすぐ、満開。
澄み渡る青空は魂を持っていかれそうになりますし、咲き誇る桜は心をのぞき込まれるようで怖いです。
どれだけ後ろ暗いのか、私。

訳の分からないSSですが、すべては桜が悪いんです。
怖いなぁ。
週末のお花見は、花より団子で過ごそうと思います。
いや、団子よりお酒か(笑)

続きを読む »

2017_04
03
(Mon)22:39

桜恋謡は愛を囁く 4


こんばんは。
主に私が楽しいリレーSS。(ごめん瓔悠さま)
お付き合い頂ければ幸いです。


桜恋謡は愛を囁く3はこちらへ

では、もし宜しければ!

続きを読む »

2017_04
02
(Sun)17:50

桜恋謡は愛を囁く 2

どうもこんにちはこんばんは。
春コミ終わって「もう何も書けない」と引退まっしぐらモードだったんですが気付けばリレーを始める段取りが。
なんの魔法でしょう。
前回のリレーが面白かったと仰って下さった方。
春コミでお声がけ下さった方々。
これからも頑張れ、とコメント下さる方々。
私の状態を敏感に察知した方。
「この世の春」にお越し下さるすべての方のおかげで、こうしてダラダラと書き続けております。

ありがとうございます。

前書きはこの辺りで。
それでは、リレーSS「桜恋謡は愛を囁く」第二話です。
もし宜しければ!

第一話はこちら (翡翠の煌めき、瑠璃の夢 様)


続きを読む »